「七つの大罪」新作劇場版の公開日決定!特報、ティザービジュアルも到着|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/3/9 12:00

「七つの大罪」新作劇場版の公開日決定!特報、ティザービジュアルも到着

人気コミック「七つの大罪」の劇場版アニメーション最新作『七つの大罪 光に呪われし者たち』の公開日が7月2日(金)に決定し、特報とティザービジュアルが到着した。

「七つの大罪」は、いまだ人と人ならざる者の世界が分かたれてはいなかった古の時代を舞台に、七人の大罪人により結成された最凶最悪の騎士団“七つの大罪”が世界の危機に立ち向かっていく姿を描く、ヒロイックファンタジー。今回の劇場版は、放送中のTVアニメ「七つの大罪 憤怒の審判」から続く“最終章のその先”を描いた、原作者の鈴木央による完全新作オリジナルストーリーとなる。

特報映像には、燃え上がる炎の中“聖戦”や“三千年の訣別”など、終盤を迎えつつある作品に通ずる印象的な言葉が浮かび上がり、不穏な雰囲気を漂わせ、“七つの大罪”メンバーとエリザベスの姿が映し出されていく。そして公開日とともに最後に映る衝撃の“さらば、大罪”がどういう意味を指すのか、期待を煽る内容に仕上がっている。あわせて到着したティザービジュアルには不敵な表情を浮かべたメリオダスとエリザベス、その隣には“十戒”の1人でメリオダスの弟であるゼルドリスの姿が見られる。さらに、正装した姿のキングとディアンヌ、バン、ゴウセル、マーリンの“七つの大罪”メンバーも揃い、その中にはエスカノールの姿も。

そんなおなじみのキャラクターを演じる声優陣も、メリオダス役の梶裕貴、エリザベス役の雨宮天のほか、久野美咲、悠木碧、鈴木達央、福山潤、髙木裕平、坂本真綾、杉田智和ら豪華キャストがクレジットされている。

メリオダスたちの旅が原作ファンですら想像のつかない、どんなフィナーレを迎えるのか?期待の高まる本作の公開が待ち遠しい。

文/サンクレイオ翼

関連作品