成田凌と清原果耶が語る、2人の“距離感”から生まれた『まともじゃないのは君も一緒』の絶妙な会話劇|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/3/19 20:00

成田凌と清原果耶が語る、2人の“距離感”から生まれた『まともじゃないのは君も一緒』の絶妙な会話劇

独特の雰囲気をまとい、作品ごとに輪郭から変化する成田凌。比類なき演技力で、出世街道を駆け上がる清原果耶。感覚派と理論派のふたりが初共演したと聞いたら、観賞欲がむずむずと動き出すことだろう。しかも、監督:前田弘二×脚本:高田亮は、吉高由里子のファニーな魅力がさく裂した快作『婚前特急』(11)の黄金コンビ。彼らが構築する世界に、成田と清原が飛び込む――。『まともじゃないのは君も一緒』(公開中)は、顔ぶれ段階で多くの映画ファンの注目作だったに違いない。

普通を知らない予備校講師の大野(成田)と普通を知ったかぶる女子高生の香住(清原)
普通を知らない予備校講師の大野(成田)と普通を知ったかぶる女子高生の香住(清原)[c]2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会


数学に人生を捧げ、他者とのコミュニケーションが不得手な予備校講師・大野(成田凌)。「普通の結婚」を夢見る彼は、教え子の香住(清原果耶)の指南を受け、普通(まとも)な恋愛を学ぼうとするのだが……。大野には強気な態度をとる香住は、実はSNSなどをソースにした知ったかぶりで、自身は恋愛経験ゼロ。クラスメートの前では周囲に合わせて“普通の女子高生”を演じているが、窮屈に感じている。大野は大野で、告白されても「定量的に言ってもらえるかな?」と返して相手を困惑させたり、数学の話になると早口になって引かれたりと、他者と歩幅を合わせられない。そんな「普通がわからない」ふたりを演じたのが、成田と清原というわけだ。

大野は挙動不審で、香住はとかく毒舌。成田と清原は「自分に似ているところはない(笑)」と口をそろえるが、ハマり具合といい、阿吽の呼吸で繰り広げられるコミカルな会話シーンといい、「新しいけどぴったり!」と拍手を送りたくなるほど。今回は、成田と清原に撮影の舞台裏や、演技のアプローチを語ってもらった。

「清原果耶さんと言えば、『山田孝之が絶賛していた天才』」(成田)

まず気になるのが、互いの印象について。ともに顔を見ない日はないほど活躍しているトップランナーたちは、どんな意識を持っていたのだろう? 成田は「清原果耶さんといえば、『山田孝之が絶賛していた人』です。『天才だ』と聞いていて、実際に共演したら……天才でした」と茶目っ気たっぷりに語る。その言葉を聞いた清原は、すぐに「やめてください!(笑)」と反応。この相性の良さ、すぐ目の前で『まともじゃないのは君も一緒』の大野と香住を観ているようだ。

清原は続けて、「成田さんと初めてお会いしたのは本読みのときでしたが、なぜか甚平を着ていたのを覚えています(笑)」と明かしてくれた。

大野に言いたい放題の香住
大野に言いたい放題の香住[c]2020「まともじゃないのは君も一緒」製作委員会

関連作品

  • まともじゃないのは君も一緒

    4.4
    312
    世の中の"普通"に馴染めない予備校講師と教え子を成田凌×清原果耶W主演で描く
  • 婚前特急

    4.0
    0
    吉高由里子主演、5人の男性と付き合っている女性が結婚相手選びに奔走する恋愛コメディ
    Amazon Prime Video