綾瀬はるか、西島秀俊から「後ろ姿だけで気を抜いてることがわかる」と指摘?『奥様は、取り扱い注意』イベントで笑顔|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
  • 映画TOP
  • 映画ニュース・読みもの
  • 綾瀬はるか、西島秀俊から「後ろ姿だけで気を抜いてることがわかる」と指摘?『奥様は、取り扱い注意』イベントで笑顔

イベント 2021/3/10 21:05

綾瀬はるか、西島秀俊から「後ろ姿だけで気を抜いてることがわかる」と指摘?『奥様は、取り扱い注意』イベントで笑顔

綾瀬はるかと西島秀俊共演の人気ドラマを映画化した『奥様は、取り扱い注意』(3月19日公開)の公開直前イベントが、3月10日にニッショーホールで開催。本作で元特殊工作員の妻と公安警察の夫という最強夫婦を演じた綾瀬と西島のほか、芸能界屈指の最強オシドリ夫婦である林家ペーと林家パー子、最強アスリート夫婦である本並健治と丸山桂里奈が登壇し、“最強夫婦”の座を巡り、3番勝負に挑んだ。

桜井久実こと伊佐山菜美役の綾瀬はるか
桜井久実こと伊佐山菜美役の綾瀬はるか

NHK大河ドラマ「八重の桜」(13)で兄妹役を演じ、「奥様は、取り扱い注意」シリーズで夫婦役を演じた2人は、変わった点を尋ねられるも「あまり変わってない」と口を揃える。綾瀬は「でも、気を抜いてるのがわかっちゃうかも」と言うと、西島も「綾瀬さんがいまなにも考えてないな、気を抜いてるなというのが、なんとなくわかるんです」とうなずく。

西島が「後ろ姿を見ただけでもわかります。まったく動いてない時とか」と指摘すると、綾瀬は「ハハハ。それは、わかりやすいな」と大笑い。MCから「今日は気を抜いてますか?」と聞かれると、綾瀬は「全然抜いてないです」と笑顔で答えた。

桜井裕司こと伊佐山勇輝役の西島秀俊
桜井裕司こと伊佐山勇輝役の西島秀俊

その後、本並夫妻と林家夫妻が登場。さいばしを使ってアヒルのおもちゃを運ぶ「鳥(とり)、扱い注意!?アヒルちゃん早移動対決」など、3種類のゲームにチャレンジすることに。“最強”の夫婦を競い合うということで、林家ペーが「僕は北赤羽なんで、乗ってる電車は埼京(サイキョー)線です」とダジャレをお見舞いすると、パー子が「ハハハ」と大笑い。

初戦は、綾瀬・西島がチームワークを発揮して勝利。「いい夫婦(11秒22)を目指せ!ストップウォッチビタ止め対決」では、林家夫婦が勝ちをおさめた。最後に行われた、ピンポン玉を食器でキャッチする「愛してるなら受け止めて!ピンポンキャッチ対決」は本波・丸山夫婦が勝利と、それぞれのペアが勝利を納めた。結果は、最終戦のポイント配点が高かったことから本並夫妻の勝利に。本並は綾瀬たちに花を持たせたいと思っていたようで「めっちゃやばい。絶対怒られるパターン!」と嘆く。

全員でフォトセッション
全員でフォトセッション

綾瀬から「最後のゲーム、上手でした」と称えられると、本並は「ありがとうございます。すいません!」と恐縮。丸山も「ピンポン玉の(ゲームの)ポイントがあんなにあるなんて思ってなかった」と驚きつつ、商品の黒毛和牛を受け取ると「黒毛和牛を煮る料理をやりたいと思います」と言って笑いをとった。

最後に西島が「本作はコメディで、1人の主婦が国家的な陰謀と戦う非常にスキッとする楽しい映画なので、ぜひ劇場に足をお運びください」と言うと、綾瀬も「いよいよ来週公開です。最強夫妻のアクションが見れますし、2人のやりとりをぜひ劇場へ観にきてください」とアピールした。

取材・文/山崎伸子