市立船橋高校吹奏楽部の感動の実話を映画化!神尾楓珠主演『20歳のソウル』公開決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/3/15 5:00

市立船橋高校吹奏楽部の感動の実話を映画化!神尾楓珠主演『20歳のソウル』公開決定

高校サッカー、高校野球の強豪である千葉県船橋市立船橋高校の応援曲を巡る実話を映画化した『20歳のソウル』が2022年に公開されることが決定。あわせて神尾楓珠、佐藤浩市の出演が発表され、2人と監督がコメントを寄せた。

【写真を見る】市船吹奏楽部が活動の一環として参加しているYOSAKOIソーラン祭りの衣装を着た神尾と佐藤浩市
【写真を見る】市船吹奏楽部が活動の一環として参加しているYOSAKOIソーラン祭りの衣装を着た神尾と佐藤浩市[c]2022「20歳のソウル」製作委員会

本作は市船高に代々受け継がれている応援曲「市船soul」を作曲し、20歳という若さで人生の幕を閉じた浅野大義さんと市船吹奏楽部の絆を辿った原作「20歳のソウル 奇跡の告別式、一日だけのブラスバンド」を映画化するもの。市船吹奏楽部に所属する浅野大義(神尾)が野球部のためにオリジナル応援曲の作曲に挑戦し、顧問の高橋健一先生(佐藤)の叱咤激励を受けながら「市船soul」を完成させる。そして、この曲が試合で演奏されると得点を導くことから、“神応援曲”と呼ばれていく。やがて高校を卒業し、音楽大学へ進学した大義の身体を異変が襲う。

主人公の大義役は、2021年ネクストブレイク俳優との呼び声が高い『樹海村』(21)の神尾が務め、大義さんが吹奏楽部で担当したトロンボーンとピアノ演奏にも挑戦。市船吹奏楽部の演奏も見学した神尾は、「(大義さんの)魅力や、彼が残してくれた生き様が、きちんと伝わるように演じられたらいいなと思います」と意気込みを語っている。


大儀を見守る高橋先生に扮するのは『Fukushima 50』(20)の佐藤。初めて吹奏楽部顧問を演じるため、実際に高橋先生本人から指揮法を学び、神尾同様に市船吹奏楽部の演奏と合唱を見学して撮影に臨んだ。

注目の若手俳優と名優が演じる師弟の絆と名曲誕生の物語から生まれる、新たな感動ドラマに期待したい。