樋口真嗣、犬童一心、白石和彌…「映画と生きる 映画に生きる」監督たちがPVで、のんの挑戦を応援!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/3/22 11:00

樋口真嗣、犬童一心、白石和彌…「映画と生きる 映画に生きる」監督たちがPVで、のんの挑戦を応援!

のんが監督、主演、脚本を務める『Ribbon』(2021年公開)。同作の特撮を担当する樋口真嗣監督が映画の応援PVを制作し、あわせて出演キャストのコメントも披露された。

【写真を見る】応援PVではのん監督を支える映画スタッフ役を、日本を代表する8監督が演じた
【写真を見る】応援PVではのん監督を支える映画スタッフ役を、日本を代表する8監督が演じた[c]「Ribbon」フィルムパートナーズ

本作は、コロナ禍によって発表の場を失った美大生の心の成長を追った青春ストーリー。のんが主人公である美大生の“いつか”に扮し、葛藤しながらアイデンティティを自らの手に取り戻していく姿を描く。

樋口監督が手がけたPV「映画と生きる 映画に生きる」は、日本映画専門チャンネルとタッグを組んで制作したもの。スクリーンには映らない映画撮影の過酷ながらも情熱的な現場の裏側と、いかなる状態になろうとも被写体を見つめ続ける“監督のん”の様子を描いたスペシャル映像3篇(風篇/炎篇/雨篇)となる。のん監督を支える映画スタッフ役を緒方明、尾上克郎、犬童一心、片渕須直、白石和彌、市井昌秀、沖田修一、枝優花ら日本を代表する監督が演じ、ナレーションを務めたのんが日本映画史に名を刻む監督たちの遺した名言(風篇:今村昌平/炎篇:岡本喜八/雨篇:深作欣二)を印象的に読み上げる。淡々と語られるなかにも熱気あふれる現場の雰囲気が伝わり、胸が熱くなる。

樋口監督は「自分の現場では絶対許されないような豪華な撮影現場になりました」とコメント。のん監督は「映画に生きる緊張感と高揚。これほどまでに、濃密な撮影が他にあるのでしょうか。楽しかったー」と振り返り、出演した監督陣もそれぞれに今回の撮影および“映画に生きる”ことへの想いを語っている。

今回のPVや出演監督たちのコメントには、のん監督を応援する気持ちと映画愛が満ちあふれている。その情熱をかみしめつつ『Ribbon』の公開を楽しみに待ちたい。



関連作品

  • Ribbon

    -
    19
    コロナ禍により揺らいだアイデンティティを求め葛藤する美大生を監督・主演のんで描く