キアヌ・リーブス、手掛けたコミック「BRZRKR」が実写&アニメ化!主演はもちろんキアヌ自身|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/3/27 22:00

キアヌ・リーブス、手掛けたコミック「BRZRKR」が実写&アニメ化!主演はもちろんキアヌ自身

「マトリックス」シリーズや「ジョン・ウィック」シリーズでおなじみのキアヌ・リーブスが初めて手掛けたコミックシリーズ「BRZRKR」の映像化権をNetflixが獲得。リーブス主演による実写映画と、スピンオフとなるアニメシリーズが製作されることが明らかになった。「Indiewire」など全米の複数メディアが報じている。

3月に全米で刊行されるや大ベストセラーを記録している「BRZRKR」
3月に全米で刊行されるや大ベストセラーを記録している「BRZRKR」画像はBOOM! STUDIOS(@boom_studios)公式Instagramのスクリーンショット

リーブスが「ジャスティス・リーグ」などを手掛けたコミックアーティストのマット・キントと共に制作した「BRZRKR」は、リーブスによく似た風貌の半神半人で8万年生き続ける不滅の戦士“B”を主人公にした壮大で残酷な叙事詩。何世紀にもわたって地球をさまよい正気を失いかけていたBは、政府からの依頼を受け、自分の存在についての真実とすべてを終わらせる方法を教えてもらうことと引き換えに危険な戦いへと身を投じていく。

全12部構成のシリーズの第1巻が3月4日に全米で発売されるや大きな話題を集め、売切れとなる店舗が続出。すでに61万5000部以上を売上げる大ベストセラーとなり、増版も決まっている。今回の映像化プロジェクトでリーブスは、実写映画版の主演に加え、アニメシリーズ版でも主人公の声を担当する予定。また自らプロデューサーとして名を連ねるとのこと。


キアヌは「ジョン・ウィック」シリーズの続編の撮影が控えている
キアヌは「ジョン・ウィック」シリーズの続編の撮影が控えている写真:SPLASH/アフロ

18年ぶりにネオ役を演じる「マトリックス」シリーズ4作目が12月22日(金)から北米の映画館とHBO Maxで同時公開することが決まっているリーブス。今年の春からは「ジョン・ウィック」シリーズの4作目の撮影が始める予定となっており、同シリーズの5作目も待機中。この『BRZRKR』の撮影が具体的にいつ始まるのかはまだ明らかにされておらず、今後届けられる続報に注目しておきたい。

文/久保田 和馬

関連作品