細田守監督の名作『時をかける少女』4DX上映の入場者特典をチェック!仲里依紗のコメントも|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/3/28 19:30

細田守監督の名作『時をかける少女』4DX上映の入場者特典をチェック!仲里依紗のコメントも

2006年の劇場公開から15周年となる細田守監督の『時をかける少女』が、『時をかける少女4DX』として4月2日(金)より全国の4DXシアターで公開される。その入場者特典として、人気イラストレーターのダイスケリチャードが手がけた「ミニクリアファイル」がプレゼントされることがわかった。

筒井康隆の小説を再構築し初めてアニメーション映画化した本作は、劇場公開から15年が経ったいまなお世代を超えて愛され続けている細田監督の名作。今年夏に公開される最新作『竜とそばかすの姫』を控え、細田監督の企画製作プロデュースを行うアニメーション映画制作会社「スタジオ地図」設立10周年記念プロジェクトの一環としても今回の4DX上映が決定した。

当時16歳で主人公の紺野真琴の声優を務め、その躍動感あふれる声で見事に真琴に命を吹きこんだのが女優の仲里依紗。その後、実写版「時をかける少女」(10)でも主演を演じており、今回の上映にあたって仲も「私にとって大切な作品である『時をかける少女』が映画館に帰ってきます!しかも、4DX!私も体感しに劇場に行きたいと思います。今からとても楽しみです」と期待のコメントを寄せている。
おる

【写真を見る】「私にとって大切な作品」と語る当時16歳で主人公の真琴の声を務めた仲里依紗
【写真を見る】「私にとって大切な作品」と語る当時16歳で主人公の真琴の声を務めた仲里依紗

さらに今回の4DX上映では、入場者特典として若者に絶大な人気を誇るイラストレーターのダイスケリチャードが手がけた「ミニクリアファイル」を先着でプレゼント。真琴と千昭が2人乗りをする姿、そして夕陽が真琴ひとりの影を映しだしている本作をデザインした貴重なアイテムとなっている。


本イラストはスタジオ地図の設立10周年を記念してグラニフと今年1月よりスタートした過去5作品のコラボレーションTシャツを5カ月間連続でリリースするという企画の第1弾で採用されたもの。コラボTシャツは初回生産数が早々に売り切れ増産されるほどの人気となっており、今回の入場者特典もぜひ早めにチェックしてみてほしい。
公開当時、異例の8ヶ月を超える超ロングラン上映となった本作。ぜひ貴重な4DX上映で、細田監督の名作、そして夏の青空の下で描かれる爽やかな青春をふたたび体感してみてはいかがだろうか。

文/富塚沙羅

スタジオ地図とグラニフのコラボ情報サイト
https://www.graniph.com/pr/collaboration/detail/202101_studiochizu

公式HP:https://daisukerichard444.wixsite.com/daisukerichard

関連作品