斎藤工が“妊夫”に!?上野樹里共演で「ヒヤマケンタロウの妊娠」Netflixで製作決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/4/8 8:00

斎藤工が“妊夫”に!?上野樹里共演で「ヒヤマケンタロウの妊娠」Netflixで製作決定

「もし男性が妊娠したら?」をテーマに、男女逆転生活やギャップをコミカルに描き出した坂井恵理のコミックス「ヒヤマケンタロウの妊娠」が、このたびNetflixとテレビ東京の共同企画・製作のもとドラマシリーズ化されることが決定。主要キャストとスタッフ陣が発表された。

【写真を見る】“もし男性が妊娠したら?”男女逆転の世界を、注目のクリエイターたちが描く
【写真を見る】“もし男性が妊娠したら?”男女逆転の世界を、注目のクリエイターたちが描く2022年、Netflixにて全世界同時独占配信

物語の舞台は男性が妊娠・出産をするようになった世界。広告代理店の第一線で仕事をバリバリこなすハイスペック男子の桧山健太郎は、ある日突然自分が妊娠していることを知る。パートナーの瀬戸亜季も自分が親になることは考えていなかったため、想定外の出来事に戸惑う2人。妊娠したことを告げた日から、社内や社会から向けられるまなざし、「妊婦」が体験する苦労を「妊夫」として向き合う桧山と寄り添い、ともに迷う亜季。現代の妊娠・出産にまつわる多くの問題に直面しながら、ついに2人は「産むか、産まないか」の決断を迫られることに。

妊娠をきっかけに体調だけでなく、仕事や家族、社会や自分自身にも変化が訪れる桧山健太郎役を演じるのは『シン・ウルトラマン』(公開未定)が控えるなど、話題作への出演が相次ぐ斎藤工。そして健太郎のパートナーで、実家からの結婚へのプレッシャーをものともせず、仕事でキャリアを重ねるために日々忙しく生きるヒロインの瀬戸亜季役には「監察医 朝顔」での好演も記憶に新しい上野樹里。

監督を務めるのは『ブルーアワーにぶっ飛ばす』(20)で長編監督デビューを飾った箱田優子監督と、『ハローグッバイ』(16)や『望郷』(17)で知られる菊地健雄監督。また、「全裸監督」や「新聞記者」などNetflixシリーズに携わってきた山田能龍をはじめ、『あの子は貴族』(公開中)で監督・脚本を務めた岨手由貴子、『ミセス・ノイズィ』(20)で監督・脚本を務めた天野千尋の3名が脚本を担当する。

Netflixオリジナルシリーズ「ヒヤマケンタロウの妊娠」は2022年に全世界独占配信。続報に乞うご期待。