菅田将暉と野田洋次郎が初タッグ!『キネマの神様』主題歌「うたかた歌」を歌う|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/4/9 7:00

菅田将暉と野田洋次郎が初タッグ!『キネマの神様』主題歌「うたかた歌」を歌う

沢田研二、菅田将暉W主演で贈る松竹映画100周年記念映画『キネマの神様』(8月6日公開)。本作の主題歌を劇中でも撮影所で働く盟友を演じた菅田と野田洋次郎がRADWIMPS feat.菅田将暉として初タッグを組むことが決定した。

【写真を見る】劇中で盟友を演じた二人が主題歌でもタッグを組む!
【写真を見る】劇中で盟友を演じた二人が主題歌でもタッグを組む![c]2021「キネマの神様」製作委員会

本作の監督は日本映画界を代表する山田洋次。原作はこれまで数々の文学賞を受賞してきた人気小説家、原田マハの同名小説「キネマの神様」。2020年3月1日のクランクイン以降、W主演予定だった志村けんの突然の逝去、さらに緊急事態宣言による撮影の長期中断、そして二度の公開延期と次々と困難が降りかかった本作がついに完成し、公開を迎える。宮本信子、永野芽郁ら記念すべき作品にふさわしい豪華キャストが集結した本作の主題歌のタイトル「うたかた歌」に決定した。

野田が作詞作曲を務め、ゲストボーカルとして菅田を迎えた本楽曲は、劇中のゴウ(菅田)とテラシン(野田)の役柄と重なり合うように歌詞に合わせて歌い分けされている。野田からデモを受け取った房プロデューサーは「器用に、時に賢く立ち回れるような時代に対して、まっすぐな気持ちのこの歌がきっと多くの人の心を動かすと思いました」と感銘を受けたことを明かした。


野田は「僕たちが通ってきた感情みたいなものを歌詞で残しておきたい」と楽曲に込めた想いを語る。主題歌を担当することが決まったときの気持ちについて、菅田は「いやびっくりしました。謎でした。こんなありがたいことはないです」と驚きとよろこびが入り混じっていた様子。レコーディング時の感想を「レコーディングは楽しかったですね。菅田君が色んな表情や色んなテイクを見せてくれたので」と語った野田。歌い手としての菅田の魅力を「声が素晴らしいですね。人に届く声を持ってる」と絶賛した。菅田もレコーディングは「贅沢な時間」だったことを明かし、「主題歌では野田さんが演出家で僕が演者みたいな気持ちでした」と振り返った。

主題歌の音源は近日中に解禁となる。『キネマの神様』と音楽をこよなく愛する2人が紡ぎだした楽曲が物語をどのように彩るのか。“映画”を愛し続け、挫折を味わいながらも夢を追いかけたゴウが時代を越えて織り成す青春と家族のありようが描かれる温かな物語は、日本中を夢と感動に包み込んでくれそうだ。

関連作品

  • キネマの神様

    3.9
    500
    山田洋次監督がメガホンを取り沢田研二×菅田将暉W主演で原田マハの同名小説を映画化