吉永小百合主演『いのちの停車場』“明日への希望”あふれる本ポスターが到着!ムビチケ前売券も発売|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/4/9 18:00

吉永小百合主演『いのちの停車場』“明日への希望”あふれる本ポスターが到着!ムビチケ前売券も発売

吉永小百合を はじめ、松坂桃李、広瀬すず、⻄田敏行出演のヒューマン医療ドラマ『いのちの停車場』(5月21日公開)。このたび同作より、豪華キャストが彩る本ポスターと、ムビチケ前売券の発売情報が解禁された。

現役医師でありながら、作家としてNHKでテレビドラマ化もされた「ディア・ペイシェント」などを世に送り出した南杏子の原作による同作。監督は『八日目の蝉』や『ソロモンの偽証 前篇・事件 / 後篇・ 裁判』などの成島出がメガホンを取る。主人公は吉永が演じる白石咲和子。長年、東京の救命救急の現場で働いていたが、在宅医療専門医として「まほろば診療所」で働 き始めることとなった彼女が、患者や家族の心に向き合うことの大切さに気づく姿を描いている。

今回公開された本ポスターは、咲和子をはじめとする「まほろば診療所」メンバーが、 優しい笑みを浮かべ、まっすぐにそれぞれの未来を見据える姿が中心に描かれ、さらには 咲和子たちが出会う7組の患者とその家族との名シーンが散りばめられている。

また、「命ある時間はなぜ同じではないのだろう?」というキャッチコピーも入り、病気と闘いながらも自分らしく生きていく患者たちの思いであると同時に、観る人全てに”いのち”の大切さについて語りかけてくる、想いのこもったメッセージとなっている。なお本ビジュアルが使用されたムビチケ前売券(カード)、ムビチケ前売券(オンライン)が4月16日(金)より発売されることも決定した。

“いのち”そして“願い”に寄り添う、全ての人たちの背中を押し、そしてやさしく包みこむような同作。感動はもちろん、人生のヒントを与えてくれることだろう。

文/入江奈々

関連作品

  • いのちの停車場

    4.1
    192
    現代医療制度のタブーに携わる医師と患者、その家族を描いた南杏子の小説を映画化