中川大志『砕け散るところを見せてあげる』公開に瞳潤ませ「胸がいっぱい」“母”矢田亜希子は中川の成長に惚れ惚れ!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/4/10 13:48

中川大志『砕け散るところを見せてあげる』公開に瞳潤ませ「胸がいっぱい」“母”矢田亜希子は中川の成長に惚れ惚れ!

竹宮ゆゆこのベストセラー小説を実写映画化した『砕け散るところを見せてあげる』の公開記念舞台挨拶が4月10日に新宿ピカデリーで開催され、中川大志、石井杏奈、矢田亜希子、堤真一、SABU監督が登壇。撮影から約2年半、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による公開延期を経て、いよいよお披露目となった本作。観客を前にした中川が「胸がいっぱいです」と瞳を潤ませた。

『砕け散るところを見せてあげる』の公開記念舞台挨拶が開催された
『砕け散るところを見せてあげる』の公開記念舞台挨拶が開催された

アニメ「とらドラ︕」や「ゴールデンタイム」で知られる、各世代から高い支持を集める竹宮ゆゆこの初の実写映像化作品となる本作。平凡な日々を送る濱田清澄(中川)と学年一の嫌われ者と呼ばれる孤独な少女、蔵本玻璃(石井)が出会い、玻璃の抱える秘密が明らかとなるさまを衝撃的な展開と共に描く。

ダブル主演を果たした中川大志、石井杏奈
ダブル主演を果たした中川大志、石井杏奈

ステージに上がり、会場を見渡した中川。「長い間、待ってくださってありがとうございます。映画を届けられること、こうして皆さんとお会いできたことに本当に感謝したいです」と声を震わせ、「久々に見る光景で、胸がいっぱいです」と万感の思いを告白。石井も「ようやく公開できた幸せ、こうしていっぱいの方々の顔を見ることができて、とてもうれしく思います」と語り、会場から大きな拍手を浴びた。

矢田亜希子、母心が爆発!
矢田亜希子、母心が爆発!

中川演じる清澄の母親を演じた矢田は、撮影から約2年半の月日が経っていることもあり、「久しぶりにお会いして。立派な男性になられて。なにかあったの!?というくらい。こんなに成長するんだなと、母としてもびっくり」と中川の成長ぶりに感心しきり。「もともとしっかりされている方だけれど、より大人っぽくなられて、母としても感慨深い」と母心をあふれさせる。

中川は「ありがとうございます」と照れ笑いを浮かべ、「ハタチになったばかりの時に撮っていた。(当時は)ニキビができている感じとかも若いなと思う」と述懐。「そういうのも含めて、あの瞬間、あの時にしかない表情や感じていることが、いっぱいあったと思う。それを残していただいてよかった」としみじみと話していた。

ようやく笑顔で話せた!
ようやく笑顔で話せた!

石井演じる玻璃の父親役を演じたのが、堤。劇中では狂気をはらんだ父親に扮していたが、この日の堤は「オレンジ(の衣装)でね。華やかな感じでね」と石井を優しく見つめ、「撮影の時は暗い感じで、そのイメージだったので。お美しくなられて、かわいいなあ」と彼女の成長ぶりに終始、笑顔。石井は「現場での堤さんは、別人。目の前にいる時は、本当に怖くて」と玻璃として父親に対峙した当時の恐怖を振り返りつつ、「やっとこうしてお話できてうれしい」とにっこり。堤は「撮影の時はしゃべらなかったもんね。現場でもベラベラしゃべる方なんだけど、(石井が)すごく集中していたから、邪魔しちゃいけないなと思っていた」と気遣いを明かしていた。

最後の挨拶でも、再び目を潤ませた中川。「自分たちの仕事は、観てもらって完成する仕事」と口火を切り、「僕はいつもお客さんの顔を想像しながら、ものを作っています。一つの作品がこうして届けられることは、奇跡だなと改めて感じています。玻璃ちゃんと同じように、この映画もずっと長い間、誰かに見つけてもらえるのを待っていたんじゃないか。見つけてもらって、ホッとしています」、石井も「これからの人生のなかで、きっと私にとってヒーローになる作品」と熱っぽく語っていた。

取材・文/成田おり枝



衝撃作に込められたメッセージを読み解く…『砕け散るところを見せてあげる』特集
【PR】

関連作品