どん底から這い上がろうとする女性を描く…品川ヒロシ監督最新作はコロナ禍の“いま”こそ心に刺さる!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2021/4/16 19:00

どん底から這い上がろうとする女性を描く…品川ヒロシ監督最新作はコロナ禍の“いま”こそ心に刺さる!

『ドロップ』(08)、『漫才ギャング』(11)、『サンブンノイチ』(14)、『Z アイランド』(15)など、数々の話題作を送りだしてきた品川ヒロシ監督が、北海道下川町を舞台に製作した最新作『リスタート』(7月公開)。本作は、4月17日(土)、18日(日)の2日間で開催される「島ぜんぶでおーきな祭 第13回沖縄国際映画祭」で特別招待作品として上映される。

主演を務めた「HONEBONE」のボーカル、EMILY
主演を務めた「HONEBONE」のボーカル、EMILY[c]吉本興業

フォークユニット「HONEBONE」のボーカル、EMILYを主演に迎えて製作された本作は、“28歳の青春ストーリー”がテーマの作品。シンガーソングライターを夢見て上京したものの、実際には売れない地下アイドル止まりの杉原未央(EMILY)が、人気ミュージシャンとのスキャンダルに巻き込まれSNSで炎上。傷つき疲れ果て、夢を諦めた未央は故郷である下川町に帰郷し、そこで暮らす家族やかつての同級生たち、下川町の大自然に触れることで次第に心を取り戻していく。

北海道下川町と吉本興業が連携し製作した映画『リスタート』

本作が製作されるきっかけとなったのは、2017年に開催された第1回「ジャパンSDGsアワード」の最高賞にあたる、内閣総理大臣賞を受賞した北海道下川町と、同アワードで特別賞を受賞した吉本興業が、2018年にSDGs推進における連携協定を結び、地域創生の新たな取り組みである「プロジェクト下川町株式会社」をスタートさせたことにある。

クラウドファンディングの支援者と一緒に映画を作り上げていった品川監督
クラウドファンディングの支援者と一緒に映画を作り上げていった品川監督[c]吉本興業

脚本完成前からクラウドファンディングで支援を募り、品川監督と支援者が一緒に映画を作り上げていくプロジェクトということもあって、地域活性化のためのPR映画に留まることなく、あくまで“品川ヒロシ監督の最新作”としての映画作りが進められた。

あっけらかんとしているようで実は“隠キャ”?EMILYの人間的魅力

品川監督作品で初の女性主人公となる本作だが、撮影前に訪れた下川町で構想を練るなかで、「主人公は女性ミュージシャンがいい」と考えていた監督の目に、たまたま留まったのがEMILYだったという。

『家、ついて行ってイイですか?』への出演をきっかけに品川監督に見いだされたEMILY
『家、ついて行ってイイですか?』への出演をきっかけに品川監督に見いだされたEMILY[c]吉本興業

監督が毎週録画しているというテレビ東京のバラエティ番組『家、ついて行ってイイですか?』に出演していたEMILYは、その場で番組スタッフのリクエストに応え、即興で歌を歌うノリの良さを見せていた。さらに、「周りが応援してくれているのに、自分たちが結果を出せていないことが悔しい」という本音を吐露したかと思えば、中学校時代にイジメに遭っていたという過去も明かした。いまも書き続けているという自身の気持ちを綴ったポエムやイラスト満載の、通称“デスノート”を公開するなど、あっけらかんとしているようで実は“隠キャ”でもあるという、彼女の人間性も魅力に感じたそう。

「グツグツしている人が好き」と話す品川監督にとって、常に怒りや悔しさを感じながら、それでもそこから這い上がろうとしているEMILYの姿は、その時すでに本作のミューズに見えたに違いない。


演技初挑戦となったEMILYは、本作を試写で鑑賞し「どん底から這い上がろうとする人たちがそこにいました。なにか大きなことを成し遂げられなくても、一歩ずつ、歩もうとする気持ちをいつも心に置いておいていたい。時には立ち止まってもいいから、一歩ずつ歩きたいと思った」とコメント。また、未央の幼なじみ、大輝役を務めたヒップホップグループ「DOBERMAN INFINITY」のMCで、劇団EXILEに所属するSWAYも「すごく恥ずかしい気持ちで観始めて、気づけばどっぷり物語に入り込んでました」と、本作の感想を語った。

本作の出来に自信を覗かせるSWAY
本作の出来に自信を覗かせるSWAY[c]吉本興業


インタビューや現地レポートなど気になるコンテンツ満載!「島ぜんぶでおーきな祭 第13回沖縄国際映画祭」特集【PR】

関連作品