低予算ゆえの捻られたアイデアが光る!ブラムハウス・プロダクションズの意欲的なホラーたち|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2021/5/2 23:30

低予算ゆえの捻られたアイデアが光る!ブラムハウス・プロダクションズの意欲的なホラーたち

低予算ながらひと捻りあるホラー映画でヒットを連発しているブラムハウス・プロダクションズ。女子高生と殺人犯が入れ替わるという設定がフレッシュな最新作『ザ・スイッチ』が公開中のいま、改めてユニークなアイデアが光る作品たちを紹介していきたい。

モキュメンタリー形式で身近な恐怖を描く『パラノーマル・アクティビティ』

ブラムハウス・プロダクションズは、プロデューサーのジェイソン・ブラムが2000年に立ち上げた映画やテレビドラマの制作会社。ホラーを中心にスリラーやSFなど、いわゆるジャンル映画を量産しつつ、同時に『セッション』(14)、『ブラック・クランズマン』(18)といったアカデミー賞に絡むような話題作も手がけてきた。

『【初回生産限定】パラノーマル・アクティビティ アルティメットBlu-rayコレクション』は発売中
『【初回生産限定】パラノーマル・アクティビティ アルティメットBlu-rayコレクション』は発売中

そんなこの会社の名を大きく知らしめることになったのが、2007年の『パラノーマル・アクティビティ』。タイトルは“超常現象”を意味しており、自宅で謎の現象に悩まされるカップルが、その正体を確かめるべく、自分たちでカメラを回してみたところ、そこに映っていたのは…という物語が展開していく。

本作は、フィクションをドキュメンタリー風に撮影するモキュメンタリーの一種で、撮影者が行方不明などになったため埋もれていた映像がのちに発見される、“ファウンド・フッテージ”ものとして作られている。このアイデア自体は、『食人族』(80)や『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(99)などでたびたび使用されているが、本作は寝ている間の部屋にカメラを回すという、誰もが一度は考えたことがあるであろうことを映像化した点がユニーク。観客が自らにも置き換えられるような身近な状況での恐怖であるからこそ、シリーズ化するほどの人気を博したと言える。

タイムループ×スラッシャー=『ハッピー・デス・デイ』

『ハッピー・デス・デイ』のBlu-rayは発売中
『ハッピー・デス・デイ』のBlu-rayは発売中[c] 2017 Universal Studios. All Rights Reserved.

前述の「パラノーマル・アクティビティ」シリーズに脚本や監督として携わり、公開中の『ザ・スイッチ』でも監督を務めているクリストファー・ランドンが、タイムループを題材に作り上げたのが『ハッピー・デス・デイ』(17)だ。

主人公の女子大生ツリーは、誕生日に不気味な赤ん坊のお面を被った何者かに殺されてしまうが、なぜか再び誕生日の朝に目を覚まし、自分が殺される誕生日を繰り返すことになる、という地獄のループを描くホラー。何度も何度も殺されながら犯人を絞り込んでいくも、刺殺されたり、車にひかれたり、溺死させられたり…と様々な殺され方をしてしまうツリー。タイムループの設定を活かした見せ場が満載となっている。

そして一番の魅力は、自他ともに認める嫌な女だった主人公が、何度も同じ日をやり直していくうちに自らの在り方を省みて成長していくという、人間ドラマがしっかりと描かれている点。真犯人を見つけようと失敗を繰り返しながら真実に迫っていくスリリングな展開と、主人公の成長を組み合わせるというセンスの良さと確かな手腕が光る快作だ。

タイムリループにパラレルワールドも上乗せ!『ハッピー・デス・デイ 2U』

『ハッピー・デス・デイ 2U』のBlu-rayは発売中
『ハッピー・デス・デイ 2U』のBlu-rayは発売中[c] 2018 Universal Studios. All Rights Reserved.

続編の『ハッピー・デス・デイ 2U』(19)には、タイムループに加えてパラレルワールドという新たなアイデアが追加されている。タイムループから抜け出したツリーだったが、彼氏であるカーターのルームメイト、ライアンがループに囚われ、謎の殺人鬼に命をねらわれていることが判明。解決策を探すなか、ひょんなことからツリー自らも再び誕生日のループへと飛ばされてしまうが、そこは以前とは少し異なる世界だった。

前作とはまた違う展開が生みだすフレッシュな恐怖に加え、今回も人間ドラマがしっかりと盛り込まれている。というのも、パラレルワールドでは死んだはずの母が生きている一方で、カーターはほかの女性と付き合っており、母がいない元の世界に戻るのか?カーターと結ばれていないいまの世界を生きるのか?ツリーは究極の選択を強いられることになるのだ。

続編を作る意味をしっかり付け加えている本シリーズ、3作目も製作の意向があることをジェイソン・ブラムは語っており、仮題は『Happy Death Day To Us』とのこと。どのような物語となるのか期待せざるを得ない。

■『ハッピー・デス・デイ』
Blu-ray 発売中
価格:1,886円+税

■『ハッピー・デス・デイ 2U』
Blu-ray 発売中
価格:1,886円+税

■『パラノーマル・アクティビティ』
【初回生産限定】アルティメットBlu-rayコレクション 発売中
価格:9,800円+税

発売・販売元はすべてNBCユニバーサル・エンターテイメント

関連作品