富司純子、前田敦子が短編映画製作プロジェクト『DIVOC-12』三島有紀子監督チーム作品に出演|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/4/30 6:00

富司純子、前田敦子が短編映画製作プロジェクト『DIVOC-12』三島有紀子監督チーム作品に出演

コロナ禍で大きな影響を受けているクリエイター、制作スタッフ、俳優を応援する短編映画製作プロジェクト『DIVOC-12』(21年公開)。『新聞記者』(19)の藤井道人監督、『カメラを止めるな!』(17)の上田慎一郎監督、『幼な子われらに生まれ』(17)の三島有紀子監督を中核に、12人の映画監督が短編を手がける同プロジェクトより、三島監督チームの作品のキャスト、タイトルが解禁となった。

本プロジェクトで「共有」をテーマに掲げた三島監督チームには山嵜晋平、齋藤栄美、一般公募から選ばれた加藤拓人といった監督陣が参加。三島監督は14年ぶりの主演作『椿の庭』が公開中の名女優・富司純子と『くれなずめ』(近日公開)の藤原季節を主演に迎え『よろこびのうた Ode to Joy』を手がける。山嵜監督の『YEN』には『朝が来る』(20)の蒔田彩珠と舞台「アルプススタンドのはしの方」の中村守里が出演する。


齋藤監督の『海にそらごと』には『パッチギ!LOVE&PEACE』(07)の中村ゆりと本作が映画デビューとなる高田万作の出演が決定。そして加藤監督の『睡眠倶楽部のすすめ』では前田敦子が主演を務める。

個性豊かな監督と役者が顔を揃えた『DIVOC-12』。それぞれの作品のなかで一体どんな“共有”が描かれるのだろうか?日本映画界に希望を灯すプロジェクトへの期待が高まる。

関連作品