志村けんへ想いを馳せるように…『キネマの神様』新予告は菅田将暉&野田洋次郎の歌声が心に沁みる|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/4/30 7:00

志村けんへ想いを馳せるように…『キネマの神様』新予告は菅田将暉&野田洋次郎の歌声が心に沁みる

沢田研二と菅田将暉がW主演を務める山田洋次監督の最新作『キネマの神様』(8月6日公開)。このたび同作より、主題歌「うたかた歌」を歌う菅田将暉&野田洋次郎の歌声が初解禁となる新予告が解禁となった。

【写真を見る】現在のゴウを演じる沢田研二と若き日のゴウを演じる菅田将暉がW主演
【写真を見る】現在のゴウを演じる沢田研二と若き日のゴウを演じる菅田将暉がW主演[c] 2021「キネマの神様」製作委員会

松竹映画100周年記念作品でもある本作は、ギャンブル漬けで借金まみれの男ゴウが、50年前に助監督として、映写技師のテラシンらと追い求めた夢に向かい再び動き出す姿を描いた物語。当初主演予定だった故・志村けんの遺志を継ぐ沢田とドラマ「コントが始まる」に出演中の菅田が現在と若き日のゴウを二人一役で演じ、テラシン役の野田のほか、宮本信子、永野芽郁、北川景子、寺島しのぶ、小林稔侍が共演している。

今回披露されたのは、野田が作詞・作曲、菅田がゲストボーカルを務め、RADWIMPS feat.菅田将暉として初タッグを組んだ主題歌「うたかた歌」が流れる予告映像。二人はゴウとテラシンの役柄と重なり合うように歌詞を歌い分け、切なくも力強く歌い上げている。


エンドロール でも流れる本楽曲には、撮影のなかで生まれた言葉の断片が散りばめられ、登場人物たち、さらには志村の顔まで自然と浮かびあがらせ、哀愁と希望に満ち溢れたサウンドとなっている。

“映画”を愛し続け、挫折を味わいながらも夢を追いかけたゴウが時代をこえて織り成す青春と家族の有り様が描かれる『キネマ の神様』。この夏、「うたかた歌」と共に日本中を夢と感動に包み込むこと間違いはないだろう。

文/入江奈々

関連作品

  • キネマの神様

    3.9
    503
    山田洋次監督がメガホンを取り沢田研二×菅田将暉W主演で原田マハの同名小説を映画化