主人公ユイの声優は芦田愛菜!岩手が舞台の劇場アニメ『岬のマヨイガ』8月公開決定&最新映像解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/5/4 4:00

主人公ユイの声優は芦田愛菜!岩手が舞台の劇場アニメ『岬のマヨイガ』8月公開決定&最新映像解禁

長編アニメーション映画『岬のマヨイガ』の公開日が8月27日(金)に決定し、主人公、ユイのボイスキャストを芦田愛菜が務めることが明らかとなった。あわせて最新の特報映像とともに、芦田のコメントも到着した。

【写真を見る】主人公ユイを演じる芦田愛菜
【写真を見る】主人公ユイを演じる芦田愛菜[c] 柏葉幸子・講談社/2021「岬のマヨイガ」製作委員会

本作の原作は、宮崎駿監督『千と千尋の神隠し』(01)に影響を与えた小説「霧のむこうのふしぎな町」など、長年にわたり愛され続けるベストセラーを世に送り出した作家、柏葉幸子の同名小説「岬のマヨイガ」。居場所を失った17歳の少女ユイが辿り着いた、海の見える古民家“マヨイガ”で、血の繋がりのない新しい家族たちとの、ふしぎだけど温かい共同生活が紡がれていくという物語だ。

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で演じた明智光秀の娘、たま役も記憶に新しい芦田は、出演にあたり「”マヨイガ”は、本当は私たちの周りにも存在するかもしれないのに、皆さんが気付いていないだけかもしれません。そういった、自分にしか気付くことのできない“小さな幸せ”って実は身近にあるんだよというメッセージを作品から感じました」と作品への期待に胸を躍らせている。

さらに追加スタッフも解禁となり、キャラクターデザイン原案は京都市交通局「地下鉄に乗るっ」プロジェクトのキャラクターデザインを務め、イラストレーター、キャラクターデザイナーとして活躍中の賀茂川、音楽は、星野源やGUTHERなど数々の国内外のアーティストとのコラボレーションや、映画『リトル・フォレスト』(14)などで映画音楽の世界でも活躍の幅を広げる宮内優里が担当。さらに、本作の舞台である岩手県の達増拓也知事が「小鎚川の河童」役で声優に初挑戦している。岩手県大槌町では「映画『岬のマヨイガ』を応援する会」を発足、本映画とのコラボグッズの開発やコラボビジュアルを制作する予定。また、岩手県遠野市でも本作とのコラボ商品の企画を検討中とのこと。舞台となった岩手県での様々な展開が楽しみだ。

解禁となった特報は、居場所を失ったユイと8歳のひよりが、突然目の前に現れたおばあちゃんのキワさんに連れられ、人をもてなすふしぎな家“マヨイガ”を訪れるシーンから始まる。マヨイガでの3人のあたたかく優しい日常とともに、物語の舞台である岩手の緑豊かで美しい自然が映し出される素敵な映像となっている。

懐かしくて、少し不思議な伝説の家“マヨイガ”に暮らす3人とそこに集う優しい妖怪たちとの交流、心が優しく包み込まれるノスタルジック・ファンタジーの世界観に期待したい。

関連作品

  • 岬のマヨイガ

    -
    18
    柏葉幸子による野間児童文芸賞受賞小説を川面真也監督&吉田玲子脚本でアニメ映画化