『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が全米1位!日本映画として21年半ぶりの快挙を達成|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/5/5 16:00

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が全米1位!日本映画として21年半ぶりの快挙を達成

4月23日に北米1600館で公開され、北米興収ランキングで2位に初登場を果たした『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(公開中)が、公開2週目(4月30日から5月2日)の北米興収ランキングで首位を奪取。コロナ禍の特殊な状況下ではあるが、『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』(98)以来21年半ぶりに日本のアニメ映画が「北米興収1位」を獲得した。

【写真を見る】北米でも“鬼滅旋風”!2020年に公開されたすべての映画で第2位の興行収入に
【写真を見る】北米でも“鬼滅旋風”!2020年に公開されたすべての映画で第2位の興行収入に画像はFunimation(@funimation)の公式Instagramのスクリーンショット

前週こそ人気格闘ゲームを実写映画化した『モータルコンバット』(6月18日日本公開)に約200万ドルの差を付けられて後塵を排した『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』ではあるが、30日からは上映館数を300館追加。週末3日間で興行収入641万2933ドル(約7億190万円)を売り上げ、同じく623万5000ドルを売り上げた『モータルコンバット』を上回ることに。

これで北米累計興収は3411万8776ドル(約37億2920万円)に到達し、『ドラゴンボール超 ブロリー』(19)を超えて北米での日本のアニメ映画歴代3位に。現在2位の『劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕』(99)の4375万8684ドルを射程圏内に収めた。さらに全世界興収は4億2843万4443ドル(約468億2810万円)となり、『バッドボーイズ フォー・ライフ』(20)の4億2650万5244ドルを超えて2020年に公開されたすべての映画のなかで第2位となった。

日本公開延期が決まった『ゴジラvsコング』は北米累計9000万ドルを突破
日本公開延期が決まった『ゴジラvsコング』は北米累計9000万ドルを突破[c] 2021 WARNER BROTHERS ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

また、日本での公開延期が決定した『ゴジラvsコング』が北米累計興収9000万ドルを突破したほか、『ラーヤと竜の王国』(公開中/ディズニープラス プレミアアクセスで配信中)が全世界興収1億ドルの大台を突破。ルパート・フレンド主演のホラー映画『Separation』が4位に初登場を果たし、公開10周年を記念して再上映がスタートしたエドガー・ライト監督の『スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団』(10)が8位にランクインした。

文/久保田 和馬

関連作品