3時のヒロインが『いのちの停車場』に感涙!映画館で語り合う、両親と相方への想い|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2021/5/19 20:00

3時のヒロインが『いのちの停車場』に感涙!映画館で語り合う、両親と相方への想い

3人の個性と絶妙なバランスが生みだす笑いで、人気急上昇中のお笑いトリオ「3時のヒロイン」。テレビ、ライブ、YouTubeと次々と活躍の場を広げている「3時のヒロイン」の福田麻貴、ゆめっち、かなでが、『いのちの停車場』(5月21日公開※一部劇場を除く)を、映画館を特別に貸し切って、いち早く鑑賞。「泣きました。家族に感謝を伝えたくなった」と声をそろえる彼女たちが、それぞれの恩人の存在や、映画館で観るべきポイントなどを笑いあり、涙あり!で熱く語り合った。

「自分の人生観が変わるような気がしました」

真摯に命に向き合う医師らの姿を描く『いのちの停車場』
真摯に命に向き合う医師らの姿を描く『いのちの停車場』[c]2021「いのちの停車場」製作委員会

現役医師であり作家としても活動する南杏子の同名小説を、日本アカデミー賞受賞監督であり、『八日目の蝉』(11)などの成島出監督が吉永小百合主演で映画化した本作。金沢にある「まほろば診療所」を舞台に、東京からやってきた医師の咲和子(吉永) 、咲和子に出会い、医師になることに向き合い始めた青年の野呂(松坂桃李)、ある“とらわれていた過去”から歩み始めた看護師の麻世(広瀬すず)、彼らを見守る「まほろば診療所」の院長の仙川(西田敏行)が、患者やその家族に寄り添っていく姿を描く。

笑いあり、涙あり!で『いのちの停車場』の感想を語り合った
笑いあり、涙あり!で『いのちの停車場』の感想を語り合った撮影/河内彩

――本作では、命と真摯に向き合う医師や、自分らしい生き方を見つけていく患者や家族の姿が描かれています。まず、ご覧になった率直な感想を教えてください。

福田「すごく泣きました。映画を観ている間、ずっと家族のことを考えていましたが、観終わってからは『どうやって生きていこう』『自分の納得できる生き方というのはどういうものなんだろう』と自分の生き方についても考えています。命のすばらしさを改めて実感して、そういった意味では、なんだか自分の人生観が変わるような気がしました。世代としては、松坂桃李さんが演じた野呂くんと、広瀬すずさんが演じた麻世ちゃんに近い年齢なんですが、2人が少しずつ変わっていく姿には、とても胸を打たれましたね」

ゆめっち「私もめちゃめちゃ泣きました。吉永小百合さんがものすごくきれいで、見惚れてしまって…。瞬きする間もないくらい、お美しかった!あと私も、野呂くん、麻世ちゃんが成長していく姿が、とても印象的で。夢を持つこととか、乗り越えられなかった壁に向き合ってみることとか、そういった新しい一歩が見えるのがすごくいいなと思って。『夢って、どうやって作ったらいいんだろう』と思っている人にも、『こういうやり方があるんだな』と意欲が出てきそうな映画でした。私も頑張ろう!と思いました」

かなで「私は5回泣きました!『生死と向き合う時が来たら、自分だったらどうするだろう…』と自分のことと重ね合わせたり、家族のことを思い描きながら観ていました。いま、私のお母さんは元気ですし、会うといつもお互いの話を聞かずに自分のおしゃべりばかりしてしまうような親子なんです。劇中では、泉谷しげるさん演じる旦那さんが、(松金よね子が演じる)病気の奥さんに憎まれ口を叩く場面がありましたよね。私もお母さんがいるのが当たり前に思ってしまっていますが、それって決して当たり前のことじゃないんだなと感じました。『私は命についてちゃんと考えていなかったんだな』と、いま感じています」

両親への想いを明かした福田麻貴
両親への想いを明かした福田麻貴撮影/河内彩

福田「追体験したり、自分と重ね合わせることは、私も多かったな。きっと誰にとっても、身近な物語なんだと思う。ちょっと話が重たくなりますが、私は父親を亡くしていて。父が亡くなる時には、『どのような治療法をすべきか?』と選択を突きつけられる場面もあって、『本人にとってどうしたら一番幸せなのか』『家族はどうしたらいいのか』と考えたことを思い出しました。いまでも『どうすべきだったのか』と考えることがあります。映画を観ながら、患者さんたちの“家族の想い”という面でも、とても共感しました」

「松坂桃李さんと広瀬すずちゃんのコンビが最高!」

若い2人が悩みながらも成長していく姿も、本作の見どころだ
若い2人が悩みながらも成長していく姿も、本作の見どころだ[c]2021「いのちの停車場」製作委員会

――「まほろば診療所」で働く若い2人である野呂と麻世。彼らがもがきながら前進していく姿に胸を打たれたというお話がありましたが、特に印象深いシーンがあれば、教えてください。

福田「まず、松坂桃李さんと広瀬すずちゃんが、ものすごい美男美女です(笑)」

かなで「桃李さん、本当にかっこいい」

ゆめっち「“のろまよ”コンビ、最高よね!」

福田「野呂くんと麻世ちゃんの絆が深まっていることがわかるシーンで、2人でラーメンを食べる場面がありましたよね。あのシーンは、観客が麻世ちゃん視点になって、野呂くんが話しかけてくるのをアップで見ることができる。野呂くんがビールを飲みながら、ふふって笑うところが、特にかっこよくてキュンとしちゃった。その表情に愛とか優しさとか、いろいろなものが詰まっているようで最高でしたね。麻世ちゃんはある出来事があってから、頑なになってしまっている女の子。『まほろば診療所』で過ごすうちに心が解けていくんですが、『麻世ちゃんに救いの場所が見つかったんだな』と思うと、すごく感動しました」

ゆめっち「私、すごく泣いたシーンがあって。野呂くんが、『自分のお父さんにちゃんと“ありがとう”と言えていない』と気づく瞬間がありましたよね。私も親やおじいちゃん、おばあちゃんに、これまでしてもらったことへの恩返しができているのかな?と考えさせられました」

かなで「私もそこで、自分のことをすごく考えました。私、お母さんが大好きなんですよ。いまは離れて暮らしていますが、私はわがままだったなと思ったし、いつも家族に頼りっぱなしだなと思って…(泣)」

福田&ゆめっち「え、泣いてる!」

かなで「ごめんなさい。本当に家族が大好きなんです」


すべての人の背中を押す、号泣のメッセージに迫る!『いのちの停車場』特集【PR】

関連作品

  • いのちの停車場

    4.1
    192
    現代医療制度のタブーに携わる医師と患者、その家族を描いた南杏子の小説を映画化