『漁港の肉子ちゃん』サントラの詳細が明らかに!キクコ役のCocomiがフルートを演奏する映像も到着|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/5/11 8:00

『漁港の肉子ちゃん』サントラの詳細が明らかに!キクコ役のCocomiがフルートを演奏する映像も到着

6月11日(金)より公開される劇場アニメ『漁港の⾁⼦ちゃん』からオリジナル・サウンドトラックの詳細が発表された。あわせて、肉子ちゃんの娘役のCocomiがフルートを演奏するメイキング映像が到着した。

本作は明石家さんま企画・プロデュース、STUDIO4℃制作で西加奈子の小説を映像化したアニメ映画。漁港の船に住むワケあり母娘の肉子ちゃんとキクコの秘密が紡ぐ感動の物語を描く。肉子ちゃんの声を大竹しのぶ、キクコの声をフルート奏者のCocomiが務め、人気声優の花江夏樹と下野紘のほかに、吉岡里帆、マツコ・デラックスらも出演している。

このたび、詳細が明らかになったオリジナル・サウンドトラックは6月9日(水)にリリースされ、『思い出のマーニー』(14)などで知られる村松崇継が劇伴音楽を担当。サントラには、冒頭に10才の稲垣来泉が吉田拓郎の名曲を歌った主題歌「イメージの詩」が収められ、締めをGReeeeNが書き下ろし、明石家さんまがタイトルを付けた楽曲「たけてん」が飾っている。

メイキング映像では、緊張しつつも楽しみながらサントラ収録曲の「ゆっくり家族になっていく」のフルートを演奏するCocomiの姿が映し出されている。彼女にフルートの演奏を提案した村松は「キクコを音楽で表現する楽曲で、キクコを演じるCocomiさんのフルートで楽曲を表現できたことが、大変大きなことでした」と語り、Cocomiは「曲を聴いてシーンがフラッシュバックするぐらい、音楽と映像がマッチして、心にぐっとくるなと思いました」と楽曲に関してコメントしている。Cocomiはサントラ収録曲の「肉子ちゃん“おはよう”」、「ゆっくり家族になっていく」、「私は決められない」、「ささやかな希望、あふれ出る光」でフルート演奏を披露している。

徐々にその全貌が明らかになっている明石家さんまプロデュースの『漁港の⾁⼦ちゃん』。


ハートフルな物語を彩るサントラにも注目して映画を楽しみたい。

文/鈴木レイヤ

関連作品

  • 漁港の肉子ちゃん

    4.2
    234
    西加奈子原作の同名小説をもとに明石家さんまが企画・プロデュースを務める劇場アニメ