藤井道人、上田慎一郎ら12人の監督の個性を表現!『DIVOC-12』ティザービジュアルが完成|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/5/19 17:00

藤井道人、上田慎一郎ら12人の監督の個性を表現!『DIVOC-12』ティザービジュアルが完成

第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞に輝いた『新聞記者』(19)の藤井道人監督と、『カメラを止めるな!』(18)の上田慎一郎監督、『幼な子われらに生まれ』(17)の三島由紀子監督の3人を筆頭にした12人の監督たちが3つのチームに分かれて12の物語を手掛ける映画製作プロジェクト『DIVOC-12』(秋公開)。このたび本作のティザービジュアルが解禁された。

コロナ禍で映像制作活動に大きな影響を受けたクリエイターやスタッフ、俳優を支援する活動の一環として制作される本作。藤井監督のチームは“成長への気づき”、上田監督のチームは“感触”、三島監督のチームは“共有”というテーマのもとでそれぞれ作品を制作していく。先日、三島監督チームのキャストとして、富司純子や藤原季節、蒔田彩珠、前田敦子らの出演が発表され話題を集めた。

そしてこのたび、アートディレクターの千原徹也が手掛けたティザービジュアルが解禁。色や形の異なる12本の線が描かれたビジュアルは「COVID-19をひっくり返せ」という気持ちで本作に参加した12人の監督たちそれぞれの想いを表現しているとのこと。一本一本の線がどのような作品となり、劇中で他の線とどのように交わっていくのか期待が高まるところ。

あわせて12色の線が自由に交わるムービングロゴもお目見え。3度目の緊急事態宣言が発令され、いまなお多くの映画館が休業を余儀なくされるなど厳しい状況が続いている映画界。そうしたなかでエンタテインメントの灯を消さないために12人の監督たちが送りだす個性あふれる作品と、そこに込められた想いを、とくと受け止めてほしい。

関連作品