「邦キチ! 映子さん」原作者・服部昇大が参戦!星の数に比例しない、“愛嬌がある映画”との出会い「わたしのAmazon Prime Video活用術」【第6回】|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー PR 2021/6/11 9:00

「邦キチ! 映子さん」原作者・服部昇大が参戦!星の数に比例しない、“愛嬌がある映画”との出会い「わたしのAmazon Prime Video活用術」【第6回】

配信サービスには入っているけど、映画は家で観るにはハードルが高い。どうやって観る作品を選べばいいのかもわからない…。そんな“おうち映画迷子”のため、映画好きクリエイターたちに、月額500円でプライム会員になれば、手軽に始められる「Amazon Prime Video」の活用法を語ってもらう連載企画「わたしのAmazon Prime Video活用術」。

映画好きクリエイターが語る「わたしのAmazon Prime Video活用術」
映画好きクリエイターが語る「わたしのAmazon Prime Video活用術」

前回に続き、今回もスペシャル版でお届け!“映画”を題材とした作品を手掛け映画ファンも認める豊富な知識、映画へのリスペクトを持つ漫画家が登場し、“プロの映画マニア”としてAmazon Prime Videoを使った映画ライフを語ってもらう。
今回登場するのは、「邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん」の作者である漫画家の服部昇大氏。主人公の女子高生、映子さんが、周囲に大好きな邦画をプレゼンする内容で、映子さんの独特の視点や絶妙なセンス、狂気とも言える熱すぎる邦画愛が魅力の同書。「映子さんのプレゼンする邦画を観てみたくなった」という読者も続出しているが、生みの親である服部氏自身は、一体どのように“観たい映画”を探しているのか?

「邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん」など人気漫画作品を手掛ける服部昇大氏
「邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん」など人気漫画作品を手掛ける服部昇大氏

服部氏は「これまでは、マイナーな作品や旧作の場合はDVDを探すのが本当に大変だったんです。Amazon Prime Videoのおかげで、気軽にいろいろな作品をチェックすることができるようになって、漫画を描くうえでも幅が広がりました」とにっこり。「何度も繰り返し観られるのが、“おうち映画”の利点の一つ。観るごとに新しい魅力を発見できる映画もあります」と映画を人生と創作活動の栄養にしている服部氏に、Amazon Prime Videoの活用術を教えてもらった。

「どうしたらおもしろい漫画が描けるのか…?その勉強に、映画が役立っています」

もともと僕は、たくさん映画を観るというタイプではなかったのですが、12、3年前くらいに、お世話になっているある有名な漫画家さんに「どうしたらおもしろい漫画が描けますか?」と相談したことがあって。すると「私は新人のころに、担当編集に『週1本、映画を観なさい』と言われたんです」と経験をもとにしたアドバイスをもらいました。「それならば僕にもできそうだ」と思ったことをきっかけに、だんだん、映画を観るようになりました。

そうして映画を観ていくと、名作と言われる作品はさすがにおもしろいし、「少年漫画のベースは、黒澤明なんだな」と感じることもあって、やっぱりいろいろと勉強になる。とはいえ僕は結構なアナログ派でもあるので、Amazon Prime Videoに加入したのは、周りのみんなが入りだしてしばらく経ってからです。「Amazonの配送料が無料になるし、月額も500円なら安いな」とプライム会員になってみたら、「映画も無料でたくさん観られるじゃん!ラッキー」と(笑)。その気軽さ、便利さを知ってしまうと、もうやめられませんね。

「邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん」は、「映画について語る若人の部」に所属する邦画好き女子高生が、部長に映画のプレゼンを行うという作品
「邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん」は、「映画について語る若人の部」に所属する邦画好き女子高生が、部長に映画のプレゼンを行うという作品「邦画プレゼン女子高生 邦キチ! 映子さん」第1巻~第5巻 著/ 服部昇大 発売中 価格:各825円(税込) 発行/ホーム社 発売/集英社

コロナ禍ではなかなか映画館に行けない時期も続いていましたが、観たかった最新映画が「もうAmazon Prime Videoで配信されてるんだ!」ということもあり、大九明子監督の『私をくいとめて』が入ってきた時は、うれしくなってすぐに観ました。いまでは「どんなものがあるかな?」とホーム画面を開くのが楽しみになっています。映子さんが好きそうな作品だけでなく、洋画、邦画と、もちろんいろいろな映画を観ていますよ!

また、メジャー作品はもちろん、古いクラシック映画が揃っているのも、Amazon Prime Videoのいいところ。「こんなものまで!」というマイナーなものまであって、配信作品が豊富ですよね。レンタルもされていないようなマイナーな作品の場合、以前ならば中古屋をめぐって探すわけですから、それは本当に大変で。しかもそこそこの値段がするものもありますし「ちょっと観てみたいな」と興味を惹かれても、諦めてしまう作品も多かったわけです。誰もがそういった作品を気軽に楽しめるようになったんだなと思うと、すごい時代になったなと。僕自身、Amazon Prime Videoのおかげで知らなかった名作を発掘できたりと、ものすごく助かっています。


これまでにない活用法や作品と出会える!「Amazon Prime Video」超特集【PR】

■Amazon Prime Videoについて
Amazon Prime Videoは、映画からドラマ、バラエティ、アニメなどのテレビ番組まで、豊富な作品を配信中。月額500円でプライム会員になれば、自宅でも外出先でも、スマートフォン、タブレット、Smart TV、パソコンなど様々なデバイスで好きな作品を視聴できます。
Amazon Prime Videoはこちら

『私をくいとめて』Amazon Prime Videoで配信中
『サムライマラソン』Amazon Prime Videoで配信中
『超高速!参勤交代』Amazon Prime Videoで配信中
『超高速!参勤交代 リターンズ』Amazon Prime Videoで配信中
『殿、利息でござる!』Amazon Prime Videoで配信中
『引っ越し大名!』Amazon Prime Videoで配信中

■『サムライマラソン』
スタンダード・エディションDVD 発売中
価格:4,290円(税込)
発売元:カルチュア・パブリッシャーズ
販売元:ハピネット・メディアマーケティング

■服部昇大プロフィール
日本の漫画家、イラストレーター。「日ペンの美子ちゃん」(学文社)の6代目作画担当。著書に「魔法の料理 かおすキッチン」「ダークアクト」「今日のテラフォーマーズはお休みです。」(集英社)など。2017年から、ホーム社のウェブコミック配信サイト「スピネル」で「邦キチ! 映子さん」の連載を始め、現在は既刊5巻。
「スピネル」公式サイト:http://comip.jp/spinel/

関連作品

  • 私をくいとめて

    4.0
    264
    綿矢りさの同名小説を原作に不器用な人間同士の恋模様をのん×林遣都の初共演で描く
  • 引っ越し大名!

    3.6
    359
    国替え(引っ越し)を題材にした土橋章宏の小説を星野源主演で映画化する時代劇作品
    Amazon Prime Video
  • サムライマラソン

    3.0
    63
    佐藤健主演で日本のマラソンの発祥といわれる史実をもとにした土橋章宏の小説を映画化
    Amazon Prime Video
  • 超高速!参勤交代 リターンズ

    3.4
    8
    幕府からの無理難題に知恵を絞って対抗した弱小藩の戦いを描く歴史ドラマの続編
    Amazon Prime Video Netflix
  • 殿、利息でござる!

    3.9
    18
    江戸中期の仙台藩吉岡宿を舞台に困窮する宿場町を守ろうと立ち上がった人々を描く
    Amazon Prime Video Netflix
  • 超高速!参勤交代

    3.8
    4
    第37回城戸賞で最高得点で入選を果たした脚本を映画化した時代ドラマ
    Amazon Prime Video Netflix