広瀬すずが明かす、吉永小百合から託された映画女優のバトン「映画の道を行く吉永さんに、強く憧れます」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2021/6/4 21:00

広瀬すずが明かす、吉永小百合から託された映画女優のバトン「映画の道を行く吉永さんに、強く憧れます」

吉永小百合が、122本目にして初めて医師役に挑んだ『いのちの停車場』(公開中)で、吉永と初共演した広瀬すず。2019年に連続テレビ小説100作目「なつぞら」でヒロインを務め、国民的女優となった広瀬は、映画やドラマ、舞台にひっぱりだこである。そんな広瀬は日本を代表する映画俳優、吉永の背中を見て、なにを感じとったのか。全国キャンペーンの後半で、吉永と共に映画の舞台となった金沢を訪れた広瀬に単独インタビューを敢行した。

『いのちの停車場』は、終末期医療専門病院に勤務する現役医師、南杏子の同名小説を吉永主演で映画化した話題作で、5月21日に公開されるや、週末動員ランキングで初登場1位の大ヒットとなっている。吉永が終末期患者やその家族と真摯に向き合う在宅医師の白石咲和子役を、広瀬は訪問看護師の星野麻世役を務めた。

『いのちの停車場』は、終末期患者やその家族と真摯に向き合う在宅医師、白石咲和子を主人公にした医療ドラマ
『いのちの停車場』は、終末期患者やその家族と真摯に向き合う在宅医師、白石咲和子を主人公にした医療ドラマ[c]2021「いのちの停車場」製作委員会

東京の救命救急センターを退職後、故郷の金沢に帰郷し在宅医となった咲和子に、麻世は在宅医療の注意点などをテキパキと伝えていくというしっかり者の看護師役だ。広瀬はロケ地となった金沢を、撮影で初めて訪れたそうだ。


咲和子は、年老いた父親と同居するために金沢に戻ってくる
咲和子は、年老いた父親と同居するために金沢に戻ってくる[c]2021「いのちの停車場」製作委員会

「金沢は自分にとって初めての場所なのに、まったく違和感がありませんでした。麻世としては生まれてからずっと住んでいる場所で、そこで人と出会い、どんどん成長していくという役柄です。何より相手が吉永さんですし、最初はどうしようと思ったんです。私は人見知りなので、役として相手との距離感をどうやったら縮められるんだろうと心配していたんですが、金沢はすごく居心地のいい素敵な空気感があり、本当に今回のロケ地が金沢で良かったと思いました。その感覚は、今日も感じました。また金沢に戻ってこれてうれしかったです」。


すべての人の背中を押す、号泣のメッセージに迫る!『いのちの停車場』特集【PR】

関連作品

  • いのちの停車場

    4.1
    199
    現代医療制度のタブーに携わる医師と患者、その家族を描いた南杏子の小説を映画化