家族や友人、そして謎の敵の姿も『ブラック・ウィドウ』日本版キャラクターポスター解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/6/8 11:00

家族や友人、そして謎の敵の姿も『ブラック・ウィドウ』日本版キャラクターポスター解禁

大人気シリーズ「アベンジャーズ」に登場する最強のスパイの姿を描く『ブラック・ウィドウ』(7月8日映画館&7月9日ディズニープラス プレミア アスセス公開)。本作より、ブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフの家族や友人、そして正体不明の敵の姿を写した日本版キャラクターポスターが解禁となった。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)はもちろん、過去の関連シリーズにも多く登場するスパイ、ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)。ずば抜けた身体能力を生かした戦闘やスパイ活動によってアベンジャーズに貢献してきた彼女の、アベンジャーズとは別の“偽りの家族”の存在や、背負い続けてきた暗殺者としての自分と決別するために挑む戦いの様子が描かれる。

今回解禁となったキャタクターポスターで写されるのは、ブラック・ウィドウの“過去”と“秘密”に関わる重要な5名。彼女の自由奔放な妹であり、ブラック・ウィドウ同等の戦闘能力をもつロシアのスパイ組織の暗殺者エレーナ(フローレンス・ピュー)や、ブラック・ウィドウの母で、極秘の研究に携わる冷静沈着な天才科学者メリーナ(レイチェル・ワイズ)、そして自信過剰な父であり、ロシアの“キャプテン・アメリカ”とも称されるアレクセイ(デヴィッド・ハーバー)らが、ブラック・ウィドウに似たスパイ用のスーツを身にまとい佇む姿が描かれている。

さらに、ブラック・ウィドウの古き友人であり、彼女が望むものをなんでも用意する調達屋のメイソン(O・T・ファグベンル)、そして驚異のコピー能力をもち、アベンジャーズの技を駆使する正体不明の敵であるタスクマスターと、重要人物が勢ぞろい。覆面の暗殺者であるタスクマスターは、キャプテン・アメリカのように盾を操りながらホークアイのような正確な弓を放ち、さらにブラックパンサーの爪、スパイダーマンの空を舞う体技をもコピーするという。ブラック・ウィドウとは一体どんな関係なのだろうか?


ブラック・ウィドウとして様々な任務を遂行してきたナターシャ。アベンジャーズを「家族」と呼ぶ彼女のもう一つの“家族”とは?不穏な空気の漂う家族の再会が抱える秘密を、ぜひスクリーンで楽しみたい。

文/サンクレイオ翼

関連作品

  • ブラック・ウィドウ

    4.2
    1975
    「アベンジャーズ」シリーズの人気キャラクター、ブラック・ウィドウが主人公の物語