『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』IMAX公開が決定!特別映像でキャストがその魅力を語る|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』IMAX公開が決定!特別映像でキャストがその魅力を語る

映画ニュース 2021/6/10 10:00

『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』IMAX公開が決定!特別映像でキャストがその魅力を語る

5月28日に全米で公開され、コロナ禍以降で最大のオープニング興収を記録した『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』(6月18日公開)。このたび本作のIMAX版の公開が決定し、IMAX版オリジナルポスターとキャスト陣がIMAXの魅力を語る特別映像が解禁された。

2018年に社会現象を巻き起こした前作『クワイエット・プレイス』のその後の物語が描かれる本作。音を立てたら“何か”が来る極限の世界を生きるエヴリン一家。最愛の夫リーと住む家を失ったエヴリンは、産まれたばかりの赤ん坊と2人の子どもを連れ、新たな避難場所を求めて外の世界へと旅立つ。そんななか、廃工場に逃げ込んだ一家はそこで謎の生存者エメットに遭遇。彼との出会いを発端に、一家の運命は激しく動きはじめることに。

このたび解禁された特別映像のなかで、エヴリンを演じるエミリー・ブラントは「単に“観る”というよりも身体で体験する映画だ」と本作について語り、「巨大なスクリーンで観るべき映画だから、IMAXで上映されるのはとてもうれしいです」とコメント。また監督・脚本・製作に加え、リーも演じるジョン・クラシンスキーは「ワンテイクで撮影したので観客は、登場人物と同じ瞬間を体験しているように感じられると思います」アピール。


さらにクラシンスキーは「この2作目では音を出せない沈黙の世界を、1作目よりもさらに追求しました」と語り、エミリーも「IMAXでこの映画を観ることは、他では得られない体験になると思います。音響の設計が素晴らしいので、映画館の中で音に囲まれている感じがするでしょう」とそれぞれ熱弁。是非とも映像と音響の両面からこの上ない没入感を味わえるIMAXで、究極の沈黙世界を体感してほしい。

文/久保田 和馬

関連作品