「妖怪三部作」「ガメラ」「大魔神」など大映特撮の傑作が大集合!「妖怪・特撮映画祭」開催決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/6/11 0:00

「妖怪三部作」「ガメラ」「大魔神」など大映特撮の傑作が大集合!「妖怪・特撮映画祭」開催決定

昨年誕生から55周年のメモリアルイヤーを迎えた「ガメラ」シリーズをはじめ、いまなお多くの映画ファン、特撮ファンから絶大な支持を集める大映のアナログ特撮作品。このたび、その系譜を受け継ぐ『妖怪大戦争 ガーディアンズ』(8月13日公開)の公開を記念し、大映の妖怪・特撮作品を一挙に上映する「妖怪・特撮映画祭」が開催されることが決定した。

ミニチュアや着ぐるみなど、アナログ特撮が近年注目の的に!
ミニチュアや着ぐるみなど、アナログ特撮が近年注目の的に![c]KADOKAWA1966

本映画祭では、大映が誇るアナログ特撮の代表作から知られざる傑作まで30作品を「妖怪・怪談」「大魔神・ガメラ」「スペクタクル・ディザスター・怪奇・幻想」の3ジャンルに分けて上映。「妖怪・怪談」では『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の原点とされる妖怪三部作の4K修復版や、2005年版の『妖怪大戦争』をピックアップ。

『妖怪大戦争 ガーディアンズ』で55年ぶりに復活することが発表された大魔神
『妖怪大戦争 ガーディアンズ』で55年ぶりに復活することが発表された大魔神[c]KADOKAWA1966

「大魔神・ガメラ」では、『妖怪大戦争 ガーディアンズ』で55年ぶりにスクリーンに復活する大魔神、その三部作の4K修復版、昭和ガメラシリーズなどがセレクトされている。

また「スペクタクル・ディザスター・怪奇・幻想」では日本初の70㎜映画として知られる超大作『釈迦』(61)をはじめ、ゴジラの着ぐるみ制作にも携わった大橋史典が造型を担当した『大江山酒天童子』(60)や『鯨神』(62)、さらには楳図かずお原作の『蛇娘と白髪魔』(68)など、なかなかスクリーンではお目にかかれないバラエティに富んだタイトルが勢ぞろい。

三池崇史監督が手掛けた2005年版の『妖怪大戦争』も!
三池崇史監督が手掛けた2005年版の『妖怪大戦争』も![c]2005「妖怪大戦争」製作委員会

さらに角川シネマ有楽町では30作品の上映に加え、本邦初披露となる『大魔神怒る』(66)の英語吹替え版や、『ガメラ対宇宙怪獣バイラス』(68)の3バージョン(劇場公開版、ディレクターズカット版、海外版)上映、そして当日まで何が上映されるか明かされないシークレット上映など劇場ならではの施策も実施。近年再注目されているアナログ特撮の傑作を、ぜひともこの機会にスクリーンで堪能してほしい!


「妖怪・特撮映画祭」は7月16日(金)より角川シネマ有楽町にて一挙上映。7月23日(金)より、ところざわサクラタウン ジャパンパビリオン ホールBにて上映されるほか、全国順次上映される。

関連作品