ウルトラマンティガから受け継いだ“ゼペリオン光線”を披露!「ウルトラマントリガー」オンライン発表会開催|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/6/10 19:48

ウルトラマンティガから受け継いだ“ゼペリオン光線”を披露!「ウルトラマントリガー」オンライン発表会開催

ウルトラマンが初めてテレビに登場してからちょうど55年を迎える7月10日(土)から放送がスタートする、シリーズ最新作「ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA」。そのオンライン発表会が10日、公式定額制デジタル・プラットフォーム・サービス「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信。キャスト陣の登壇のもと、メインビジュアルや主題歌音源、声優情報などが一挙に解禁された。

【写真を見る】「ウルトラマンティガ」の原点を継いだ新たな物語!祭nine.のリーダー寺坂頼我が主人公に
【写真を見る】「ウルトラマンティガ」の原点を継いだ新たな物語!祭nine.のリーダー寺坂頼我が主人公に[c]円谷プロ [c]ウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京

1996年に放送が開始されたV6の長野博主演の「ウルトラマンティガ」の原点を踏襲した物語が展開する本作。地球平和同盟TPUがエキスパートチーム<GUTS-SELECT>の編成をいそぐなか、マナカ ケンゴは開拓された火星で植物学者として平穏に暮らしていた。ところが超古代に封印された闇が再び息を吹き返し、火星の街は謎の怪獣によって混乱の渦に。そんななかケンゴは運命に導かれるようにして、眠りについていた光の巨人と出会うことに。

劇中に登場する<GUTS-SELECT>の対怪獣用戦闘艇「ナースデッセイ号」から配信された今回のオンライン発表会。まずはじめに登場したのは、マナカケンゴ役の寺坂頼我とシズマユナ役の豊田ルナ、ヒジリアキト役の金子隼也、サクマテッシン役の水野直、ナナセヒマリ役の春川芽生、タツミ セイヤ役の高木勝也の6名。

登場前に音源が初解禁された佐久間貴生が歌うオープニング主題歌「Trigger」のカッコよさに、寺坂は思わず声を上ずらせるなど大興奮。一方<GUTS-SELECT>の隊長であるタツミを演じる高木は「ついに来たかという感じで、この素敵なメンバーを皆さんに見ていただきたかった」と喜びを爆発させながらチームをまとめ、その後は和気あいあいとしたムードで撮影現場の雰囲気などについてトークを展開。

さらにイグニス役の細貝圭や、シズマ ミツクニ役の宅麻伸、そしてメイン監督を務める坂本浩一も合流。大ベテランである宅麻から「冗談抜きに明るくて主役にぴったり。なにより素直で、とってもいい子です」とベタ褒めされた寺坂は「めちゃくちゃうれしいです。これを自信にしてがんばりたいと思います!」と意気込む。また坂本監督は「この作品はみんなを笑顔にしたいということがテーマ。この作品を観て、皆さんに笑顔を取り戻していただきたいという思いが込められています」と本作への想いを語った。

発表された新キャラクターは、<GUTS-SELECT>のメンバーでメトロン星人のマルゥル
発表された新キャラクターは、<GUTS-SELECT>のメンバーでメトロン星人のマルゥル[c]円谷プロ [c]ウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京

発表会のなかでは、今回の出演者全員が顔をそろえたメインビジュアルや本編映像の一部、変身アイテムの情報など、次々と新情報が発表に。さらに<GUTS-SELECT>の一員でメトロン星人のマルゥルの声をM・A・Oが務めるほか、敵となる<闇の三巨人>の妖麗戦士カルミラの声を上坂すみれが、剛力闘士ダーゴンの声を真木駿一が、俊敏策士ヒュドラムの声を高橋良輔が担当することも発表。そして、寺坂の変身ポーズにあわせてウルトラマントリガーも姿を現し、ウルトラマンティガから受け継がれた“ゼペリオン光線”をキャスト全員で披露した。

このオンライン発表会の模様は6月12日(土)9時30分から、「ウルトラマン」公式YouTubeチャンネルで一部編集版として見逃し配信される。

文/久保田 和馬