古谷徹、神谷浩史ほか豪華声優陣が参加!サウジアラビア初のアニメ映画『ジャーニー』場面カット一挙解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/6/11 14:00

古谷徹、神谷浩史ほか豪華声優陣が参加!サウジアラビア初のアニメ映画『ジャーニー』場面カット一挙解禁

サウジアラビアのアニメ制作会社マンガプロダクションズと東映アニメーションによる共同制作で誕生したアニメ映画『ジャーニー 太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語』(6月25日公開)。このたび同作より場面カット15点が一挙解禁となった。

【写真を見る】主人公のアウス(声:古谷徹)
【写真を見る】主人公のアウス(声:古谷徹)[c]2021 マンガプロダクションズ

本作は古代のアラビア半島を舞台に、主人公アウスらメッカの民が侵略者アブラハに立ち向かい、自分と仲間たちを信じる力で未来を切り開いていく姿を、ヒューマンドラマとアクションにあふれたエンターテインメントとして描き出す物語だ。

解禁された場面カットには、額から血を流しながらも闘志をみなぎらせる表情のアウスや、赤子を抱く妻のヒンド、鋭い眼差しのズララ、アブラハと彼の屈強な仲間たちの姿も。さらにアブラハ率いる象の軍隊に立ち向かうメッカの民たちとの壮絶な戦いを感じさせる場面が切り取られている。

また、幼き日のアウスのカットからは彼の悲しい過去が感じられる。キャラクターデザインを担当した岩元辰郎(ゲーム「逆転裁判」シリーズの)は、完成した作品を観た感想を「それぞれの個性が際立っていて、キャラクターが生きている感じが伝わってきた」と語っている。

アウスの妻のヒンド(声:三石琴乃)
アウスの妻のヒンド(声:三石琴乃)[c]2021 マンガプロダクションズ

本作の制作は、東京とサウジアラビアの首都リヤドの両都市で行われ、映画の基本構成とコンセプトをマンガプロダクションズが手掛け、ハイクオリティな映像を東映アニメーションが制作した。監督は、劇場版「名探偵コナン」シリーズや、『GODZILLA 怪獣惑星』(17)の静野孔文。音楽制作を「犬夜叉」の和田薫が手掛けている。

さらに声優陣も豪華な面々が集結。アウスの声を「名探偵コナン」の安室透役、「機動戦士ガンダム」のアムロ・レイ役でおなじみ古谷徹が務め、敵のアブラハ役はゲーム「龍が如く」シリーズの桐生一馬役、「呪術廻戦」の夜蛾正道役の黒田崇矢、ヒンド役には「美少女戦士セーラームーン」セーラームーン/月野うさぎ役の三石琴乃、ズララ役には「進撃の巨人」リヴァイ役の神谷浩史、隊長のニザール役は「呪術廻戦」五条悟役の中村悠一が務める。

アウスの幼馴染ズララ(声:神谷浩史)
アウスの幼馴染ズララ(声:神谷浩史)[c]2021 マンガプロダクションズ

ついに誕生したサウジアラビア初の長編アニメーション映画。アウスの生き様を通して世界の人々に訴えかけるメッセージを大きなスクリーンから受け止めたい。

文/タナカシノブ

関連作品