笑福亭鶴瓶も賛同!日本の映画界を応援『キネマの神様』異例のプレゼントキャンペーン実施|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/6/21 16:00

笑福亭鶴瓶も賛同!日本の映画界を応援『キネマの神様』異例のプレゼントキャンペーン実施

松竹映画100周年記念作品となる山田洋次監督最新作『キネマの神様』(8月6日公開)にて、日本の映画界を応援する“すべての劇場公開作品”を対象にした半券キャンペーンが実施されることが決定。あわせて、自身の出演作を映画館に無償提供する形で映画館へのエールを発表した笑福亭鶴瓶が映画館への想いを語る特別映像と、各劇場より本作への賛同コメントが到着した。

主演の志村けんの逝去や撮影の中断、2度の公開延期などコロナ禍で数々の困難に直面しながらも力をあわせて乗り越え遂に完成した本作。そんな映画を愛し、挫折を味わいながらも“映画の神様”を信じた男に訪れた奇跡を描いた本作では、日本映画界を代表する山田監督のもと、沢田研二、菅田将暉をはじめ永野芽郁、野田洋次郎、北川景子、寺島しのぶら豪華キャストが集結している。

いま改めて「“映画館で映画を公開できること”のありがたさを感じている」と語る松竹。今回の“#キネマで繋がる 全映画対象半券キャンペーン”は、いまだ苦境に立たされている映画界全体を盛り上げることを目的に実施されることが決定した。「本作『キネマの神様』はタイトルと題材のとおり、映画界全体を盛り上げることが使命であると考えております」と松竹が明かしている通り、すべての劇場公開作品が対象となり、期間中に映画館で映画を鑑賞した方1000名に『キネマの神様』のムビチケがプレゼントされる、企業間の垣根を超えた異例のキャンペーンとなる。


また本キャンペーンの始動にあたり、山田監督作品にも出演歴があり自身のドキュメンタリー映画『バケモン』を無償で映画館に提供し、その興行収入をすべて映画館に提供するという“映画館へのエール”を込めた新しい上映形態を発表したばかりの笑福亭鶴瓶のコメント映像が到着。映画館で観ると「集中するから、自然といい台詞が耳の中に残る。ああ、いい台詞やなあって」と映画館ならではの醍醐味を語ったりと映画館へ抱く特別な想いが語られた貴重な映像となっている。


さらに、本作の舞台となったギンレイホールや興行会社からも続々と本作の賛同コメントが到着。多くの困難が押し寄せるこんな時代だからこそ、スタッフキャストが精魂込めて作り上げた本作、そして様々な物語を紡ぐ映画の数々をぜひ映画館でじっくりと味わってみてはいかがだろうか。


■#キネマで繋がる 全映画対象半券キャンペーン 実施概要

応募対象:6 月、7 月に日本国内の劇場で公開するすべての映画の半券
(公開中作品情報は、「映画館へ行こう!」からもご確認いただけます。https://www.eigakan.org/ )
応募方法:日付のわかる映画の半券の写真とともに、Twitter 上で共通ハッシュタグ「#キネマで繋がる」とツイート
賞品:「キネマの神様」ムビチケ(オンライン券) 合計1000 名
開催期間:6 月~7 月31 日(土)
お問合せ:「キネマの神様」映画館応援半券キャンペーン係 present1@shochiku.co.jp
※ご鑑賞の際は咳エチケット、マスクの着用・手指の消毒のほか、各劇場の感染対策に従ってご覧ください。
※劇場の営業情報はお近くの映画館にお問合せください。

関連作品

  • キネマの神様

    3.9
    503
    山田洋次監督がメガホンを取り沢田研二×菅田将暉W主演で原田マハの同名小説を映画化
  • バケモン

    4.5
    12
    落語家、笑福亭鶴瓶の17年間を追い撮影された映像から制作されたドキュメンタリー
  • おとうと

    4.0
    0
    吉永小百合、笑福亭鶴瓶主演、山田洋次監督で幸田文の同名小説を映画化
    Amazon Prime Video