ついにビーストが参戦!?「トランスフォーマー」シリーズ最新作の邦題が決定&2022年公開へ|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/6/23 18:30

ついにビーストが参戦!?「トランスフォーマー」シリーズ最新作の邦題が決定&2022年公開へ

大人気シリーズ「トランスフォーマー」の最新作が『トランスフォーマー/ビースト覚醒』に決定。2022年に日本公開予定となっている。

2007年にマイケル・ベイ監督、スティーブン・スピルバーグ製作総指揮によって、第1作目が製作された『トランスフォーマー』。これまで6作品が作られ、世界累計興収は48億4700万ドルを突破、パラマウント・ピクチャーズ作品の歴代興収ではトップ3を独占するというまさに大ヒットシリーズとなっている。


4年ぶりの最新作となる今作では、シリーズで初めてタイトルに”ビースト”の単語が入っており、1997年~1998年に放送されたアニメシリーズ「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」を想起させる。当時全編3DCGによるアニメーションで話題を呼び、現在も多くの支持を集める「ビーストウォーズ」と最新作はどのような関連性を持っているのだろうか?

また、今作ではシリーズ全作品でプロデューサーを務めたロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラが製作を行い、『クリード 炎の宿敵』(19)のスティーブン・ケープル・Jr.が監督を担当することが明かされている。また、現在北米で話題の『イン・ザ・ハイツ』(7月30日公開)ので主演を務めるアンソニー・ラモス、本年度アカデミー作品賞にノミネートされた『ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償』(日本未公開)のドミニク・フィッシュバックらが出演することも発表されている。

はたしてビーストは登場するのか?物語の行方はどのように”トランスフォーム”していくのか?今後の続報に期待したい!

文/鈴木レイヤ