自分にとって大切なものを考え始めた宮間だが…/脚本家・徳永友一 第10回「別れは“突然”がセオリー」【未成線~崖っぷち男たちの逆襲~】|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2021/6/29 16:30

自分にとって大切なものを考え始めた宮間だが…/脚本家・徳永友一 第10回「別れは“突然”がセオリー」【未成線~崖っぷち男たちの逆襲~】

『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』(8月20日公開)や、中川大志主演の日曜ドラマ「ボクの殺意が恋をした」(7月4日スタート)の脚本家・徳永友一が初めて手掛けるオリジナル小説を、「DVD&動画配信でーた WEB」が特別連載!
 脚本家を目指す中年男・吉野純一、若手脚本家として闘う男・宮間竜介、2人を巧みに操る男・滝口康平、3人の男のリアリティドラマが始まる。宮間は連日の吉野との不毛な打ち合わせと、滝口の指示で苛立ち、疲れがどんどん溜まっていく。そんななか、昨夜喧嘩した彼女の渚からLINEが届く。

第10回「別れは“突然”がセオリー 宮間編」
第10回「別れは“突然”がセオリー 宮間編」イラスト/浅妻健司

第10回「別れは“突然”がセオリー 宮間編」

 明け方、5時。カメラを回しての打ち合わせが始まる。吉野さんが寝ずに考えたという3本のプロットを見せて来た。ここは正直な感想を言ってやろうと思った。

「……いや、どれもキツイと思いますが」

「え?」

 え?じゃないだろ。これでいけると思ってるのか!?イライラはマックスに達していた。ふと、カメラの側に立っている滝口プロデューサーが目に入った。こっちを笑いながら見ている。何笑ってんだよ!?ふと渚の言葉が頭をよぎった。

「今からでも断れないの?」

 不毛な打ち合わせを終え家に戻って来た。全身が重く感じられ、すぐベッドに横になったその時、渚からLINEが届いた。「おはよう。今夜会える?」と画面に表示される。ちゃんと渚に会って謝らなければ……。そう思いながら眠りに落ちた。

 午後9時。渚と二人でカフェに来ていた。

「ごめんなさい」

「え?何が?」

「もう別れよう」

「え?」

 渚は会った時から硬い表情で、飲みに行こうと言う誘いも断り、このカフェに来ていた。何となく嫌な予感はしていたが、まさか別れ話だとは思わなかった。

「どうしたの?昨日のことなら本当に悪かったと思ってる」

「違う。昨日だけじゃない。ずっと考えていたことなの」

「え?」

「ずっと、我慢してた」

「悪いと思ってるよ。デートも旅行も連れていってあげれてないし、いつも仕事優先で渚のこと放ったらかしにしてて」

「それは全然いいよ。本当に忙しいの見ててわかってたから」

「じゃあ、何で!?」

「竜くんの言う通り、私そっちの業界のことわからないから、何が大変なのかとか理解してあげられないし」

「そんなの別にいいって」

「それに、将来のこととか色々考えたら、やっぱ違うかなって」

「違うって?」

「結婚。する気全然ないでしょ?」

「……いや、まだそう言うの考えてはいなかったけど」

「だよね。竜くんは結局自分が一番がかわいいんだよ」

「何だよ、それ」

「私はもう無理だから。今までありがとう」

 そう言うと立ち去って行く。

「渚……?」


 ここはドラマみたいに走って追いかけてみるか?そうは思ったが立ち上がることができなかった。ただ去って行く渚の背中だけを見つめていた。その夜。家で一人、酒を飲んだ。何をやってるんだ俺は。久しぶりに泣いて、初めて渚の気持ちを考えた。渚が何に喜び、何に悩んでいたのか、聞いたこともなかったし、はっきり言って興味もなかった。「結局自分が一番がかわいいんだよ」と渚に言われた言葉が胸に刺さる。その通りだと思った。今までずっと自分本位の付き合いをしていたんだ。

 三日後。六本木の脚本家スクールにいた。

「送ったプロット読んで頂けましたか?」

 吉野さんから聞かれ、メールが来ていたことを思い出した。

「ああ、はい」

「どうでしたか?」

「感想はカメラの前でって言われてるんで……」

 吉野さんは明らかに不機嫌な顔をしている。

「あ、すみません。滝口さんから電話なので出ます。もしもし?」

 電話をしている吉野さんの顔が綻んでいくのがわかる。

「はい!よろしくお願いします!」

「宮間さん。スクール後に、プロット打ちするそうです。カメラのスタンバイはもうできてるって」

 またあの不毛な打ち合わせが始まるのか……。TV局の会議室にカメラが入っていた。カメラの横には滝口プロデューサーがいる。

「じゃあ、宮間さん。プロットの感想をお願いします」

 遠慮することは何もない。思ったことを口にする。

「これって、どっかで見た設定をつなぎ合わせた感じですよね?」

「どっかって?」

「『清掃業者で働いている冴えない中年男が雷に打たれ、超能力を使えるようになる。時間を止めたり、眼力で目の前の物を破壊できたりするようになる』これって、アメドラの『ストレンジャー・シングス』っぽいですよね?」

「いや、違いますよ?」

「それに、『そんな時、同じく雷に打たれてゾンビになった女子高生が街を荒らし始める』って、こっちはアメドラの『ウォーキング・デッド』ですか?」

「違いますって」

「いや、刺激を受けるのはいいと思いますよ。でも、前にも言いましたが、潤沢な予算があるから成立している話であって、日本のドラマの予算じゃ、絶対にああはなりませんから」

「心外ですよ。まるで、ただアメドラからパクっただけのアイデアみたいな言い方」

「今の脚本家は予算配分も頭に入れながら、書けなきゃダメなんです。好き勝手書きたければ、漫画家や小説家になった方がいいと思います」

「何でそんなこと言われなきゃならないんですか?そんなに新しい才能を早いうちから潰しておきたいんですか?」

 自惚れるのもいい加減にしろ!何なんだ、このおっさんは。ふと、滝口プロデューサーを見る。やはり笑っていた。まるでこの対立を楽しんでいるように見えた。     

(つづく)

■徳永友一 プロフィール
1976年生まれ、神奈川県出身。TVドラマ「僕たちがやりました」(17)、「海月姫」(18)、「グッド・ドクター」(18)、「ルパンの娘」シリーズを手掛け、映画『翔んで埼玉』(19)で日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞。『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル』(8月20日公開)、映画版『ルパンの娘』(10月15日公開)が待機中。

関連作品