アナタの投稿で新たなタイトルが生まれる?「#これが私の細田守作品ベスト3」企画がユニーク!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/6/29 20:00

アナタの投稿で新たなタイトルが生まれる?「#これが私の細田守作品ベスト3」企画がユニーク!

7月16日(金)より公開される細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』。本作の公開を記念して、細田監督作品から自分だけのベスト3を選出してSNSに投稿できるユニークな企画「#これが私の細田守作品ベスト3」がスタートした。

【写真を見る】インターネット世界での交流描く『竜とそばかすの姫』は7月16日公開
【写真を見る】インターネット世界での交流描く『竜とそばかすの姫』は7月16日公開[c]2021 スタジオ地図

これまで『おおかみこどもの雨と雪』(12)や『バケモノの子』(15)、『未来のミライ』(18)など大ヒット作を世に送りだしてきた細田監督。その最新作は、かつて『サマーウォーズ』(06)で描いたインターネット世界を舞台に、『時をかける少女』(06)以来となる10代の女子高校生をヒロインに迎えた物語。

すず(声:中村佳穂)は過疎化が進む高知の田舎町で父親(声:役所広司)と暮らす17歳。幼いころから歌が大好きだったが、母親を事故で亡くし心に傷を抱え歌えなくなってしまう。そんな折、50億人が参加する広大なインターネット空間“U”に“ベル”として訪れた彼女が歌を披露すると、“U”の住人たちを魅了。ベルは世界的に人気の歌姫となるが、彼女の前に、“U”の住人に忌み嫌われ恐れられる“竜”の姿をした存在が現われる。大きな傷を抱える竜の正体は?竜の心を救うべくすす/ベルは奔走することに。

「サマーおおかみ少女」のポスタービジュアル
「サマーおおかみ少女」のポスタービジュアル[c]2021 スタジオ地図

今回発表された企画では、特設サイトより細田監督の5本の過去作より好きな3作品を選び、そのランキングに応じたオリジナルポスタービジュアルが生成され、SNSに投稿することができるというもの。各作品の場面カットがランキングに基づいてコラージュされ、『おおかみバケモノサマー』や『時をかける未来のバケモノ』といった架空のタイトルも添えられるという。

また、今回『竜とそばかすの姫』出演キャストが細田作品のベスト1を選出。すず役の中村は『時をかける少女』を選び「自分だったら千昭と功介のどちらにするか、すごく迷いながら楽しく観ていましたし、未だに再放送などで観るたびに迷います」と登場キャラクターの魅力を語っっている。


また、モデルのような容姿をもつルカちゃん役の玉城ティナは、『おおかみこどもの雨と雪』を挙げたうえで「私も父親がアメリカ人で、文化の違い、日本での見られ方と海外からの見られ方など、自分の中でどちらに軸を置いたらいいんだろう…と、学生の頃、悩んだ時期もあったので、そういうことを思いださせてくれる作品です」と、自身の経験を交えながらコメントを寄せた。

「おおかみバケモノサマー」のポスタービジュアル
「おおかみバケモノサマー」のポスタービジュアル[c]2021 スタジオ地図

今週7月2日(金)は「金曜ロードショー」にて『おおかみこどもの雨と雪』が放送され、最新作公開を祈念した「3週連続細田守監督スペシャル」がスタートし、SNS上が細田作品の話題で盛り上がること必至。公開まで3週間を切った『竜とそばかすの姫』をはじめ、この夏は“細田作品”を思いきり楽しもう。

■「#これが私の細田守作品ベスト3」特設サイトURL
https://studiochizu-mybest3.jp/

関連作品

  • 竜とそばかすの姫

    4.0
    1617
    『バケモノの子』『未来のミライ』などの細田守監督が手掛けるアニメーション映画
  • 未来のミライ

    2.9
    240
    『バケモノの子』の細田守監督が兄になったばかりの4歳の男の子の不思議な冒険を描く
    Amazon Prime Video
  • バケモノの子

    4.3
    39
    細田守監督、ひとりぼっちの少年とバケモノの出会いを描くアドベンチャーアニメ
    Amazon Prime Video
  • おおかみこどもの雨と雪

    4.0
    17
    細田守監督、おおかみおとこの子供を産んだ少女とその子育ての日々を描くアニメ
    Amazon Prime Video
  • サマーウォーズ

    4.5
    67
    「時をかける少女」の細田守監督&スタッフが手がけた長編アニメ
    Amazon Prime Video
  • 時をかける少女(2006)

    4.2
    34
    筒井康隆の同名小説を仲里依紗らを声優に迎えてアニメ映画化
    Amazon Prime Video