『ヴェノム』新作で中村獅童、諏訪部順一、中川翔子、内田直哉が吹き替え続投!音声コメントが到着|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/7/6 18:00

『ヴェノム』新作で中村獅童、諏訪部順一、中川翔子、内田直哉が吹き替え続投!音声コメントが到着

スパイダーマンの宿敵で残虐なダークヒーロー、ヴェノムを描き2018年にヒットを記録したトム・ハーディ主演『ヴェノム』。今年公開されるその続編『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の日本語吹き替え声優が発表され、あわせてキャラクターの台詞を取り入れつつ声優陣が意気込みを語った音声コメントが到着した。

今作では、モーションキャプチャー界の名手アンディ・サーキスが監督を務め、ハーディ演じるヴェノム/エディと、「スパイダーマン」シリーズに登場する凶悪ヴィランでヴェノムの宿敵であるカーネイジが繰り広げる戦いを描く。このたび前作の日本語吹き替え版でも声優を務めた中村獅童、諏訪部順一、中川翔子、内田直哉が続投することが決定。諏訪部は主人公のジャーナリスト、エディ・ブロック(ハーディ)。中村は悪人以外を食べないことを条件にエディに寄生する地球外生命体シンビオート、ヴェノムの吹き替えをそれぞれ務める。また、中川はエディの元婚約者アン・ウェイング(ミシェル・ウィリアムズ)の声を担当。内田が、凶悪な敵カーネイジへ変貌する男クレタス・キャサディ(ウディ・ハレルソン)を演じる。

今回の発表にあわせ、中村が「じゃじゃーん!」という予告編にもあった台詞で自己紹介するインパクトある音声コメントも到着。諏訪部は「嘘だろ!」と予告編の台詞にかけて応答。予告編ではヴェノムの台詞の方が多かったことを笑いにしつつ、本作への意気込みを語っている。中川が演じるアンは予告編での台詞がなかったものの、音声コメントでははっきり存在感を示している。内田はクレタスの「世界よ、狂え」という台詞を悪役らしく披露し、カーネイジがどのようなヴィランとなるのか大いに期待が高まる。

なお、同時に解禁されたキャラクター画像のエディ、アン、クレタスは全世界最速でのお披露目。はたしてヴェノムとカーネイジはどのような戦いを繰り広げるのか?『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の公開を楽しみに待ちたい!

文/鈴木レイヤ

関連作品