ラウールと吉川愛、互いに人見知り?『ハニーレモンソーダ』での共演秘話|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2021/7/18 8:30

ラウールと吉川愛、互いに人見知り?『ハニーレモンソーダ』での共演秘話

村田真優による人気少女コミックを原作に、「Snow Man」のラウールと吉川愛というフレッシュなキャストで実写映画化した『ハニーレモンソーダ』(公開中)。映画単独初主演となるラウールは、漫画から抜け出たような美少年の三浦界役を、吉川は持ち前の演技力で、不器用なヒロイン石森羽花役を好演。そんな2人に、お互いの印象や撮影秘話などを語ってもらった。

映画単独初主演となったラウール
映画単独初主演となったラウール[c]2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 [c]村田真優/集英社

スラリとした長身に端正な顔立ち、レモン色の髪をした界は、塩対応にも関わらず学校では有名な人気者。そんな界が、中学時代に「石」というあだ名を付けられ、いじめられっ子だった羽花と出会う。少しずつ距離を縮めていく2人は、やがて互いにとってかけがえのない存在となっていく。2人の同級生役で、堀田真由、濱田龍臣、坂東龍汰、岡本夏美ら若手俳優陣も出演している。

ーーお2人は初共演となりましたが、それぞれの印象を聞かせてください。

中学時代に「石」というあだ名を付けられ、いじめられっ子だった羽花(吉川愛)
中学時代に「石」というあだ名を付けられ、いじめられっ子だった羽花(吉川愛)[c]2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 [c]村田真優/集英社

ラウール「最初に吉川さんとお会いした時、大人っぽくて“女優さん感”のある方だなと思いました。オーラがすごいのでビビってしまったのですが、意外と普通の女の子っぽい 一面もあり、ゲラゲラと笑っている姿を見て、ちょっと緊張がとけて安心しました」

吉川「最初は本当にクールな印象だったので、ちょっと話しかけづらいのかなと思いながら近くに行きましたが、全然目が合わなくて(苦笑)。私もけっこう人見知りですが、ラウールさんは私よりも遥かに上をいく方だったので、私から攻めなきゃいけないと思いました。口癖で『そうっすね~』とよく言うんですが、その話し方が私たちのなかではツボで、かわいいなと思いながら見ていました」

【写真を見る】ラウールが吉川愛に壁ドンする胸キュンシーン
【写真を見る】ラウールが吉川愛に壁ドンする胸キュンシーン[c]2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 [c]村田真優/集英社

ラウール「ありがたかったですし、本当に申し訳なかったです(笑)。監督も含めてみんなが人見知りだったので、そのまま撮影が始まるのは嫌だとなり、トランプでババ抜きや大富豪をやりましたね。そこから徐々に打ち解けていきました」

「男気のある役なので、僕とはかけ離れています」(ラウール)

――役柄との共通点は何%でしたか?

羽花が少しずつ友達の輪を広げていく
羽花が少しずつ友達の輪を広げていく[c]2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 [c]村田真優/集英社

ラウール「5%かな。あまり共通点が見つからないので、ゼロと言いたいんですが…。似てないところがほとんどだと思います。僕はあまり話したことのない女性に対して積極的にいかないし、急に『守りたい』という感情にもならない。界の男気のある性格が、僕とはかけ離れています」

吉川「私も5~10%くらいかな。私は羽花ちゃんみたいにあまり泣かくこともないし、こんなに可愛い女の子じゃないですし、どちらかというと少年っぽいと言われるので。わずかな共通点でいうと、私も友達作りがあまり得意ではなくて、狭く深く関係を築いていくタイプなところですね。本当はもっといろんな友達を作りたいのですが、そのためにどういう話をしたらいいのかもわからなくて。気軽にごはんに誘ったり、すぐに連絡ができるような友達を作るのって、すごく難しいと思います」

界が羽花の肩でうたた寝
界が羽花の肩でうたた寝[c]2021「ハニーレモンソーダ」製作委員会 [c]村田真優/集英社

――では、お2人とも真逆の役を演じられたということで、やってみておもしろかった点や難しかった点を教えてください。

ラウール「どちらもありました。基本的には難しいのですが、普段なら絶対しないことができるという楽しさもあり、『多分、いましかできないんだろうな』という経験がたくさんできましたね。例えば、女の子が自分のためにお弁当を作って持ってきてくれることなんて絶対にないので、自分の人生においてかなり大事な瞬間だなと思いました(笑)」

吉川「私は試行錯誤しながら『羽花ちゃんだったらどうするのかな』と考えながら演じるのがすごく楽しかったです。今回の現場は、友達や共演経験のある方が多かったのですが、本当の私を知っている方々の前で、自分と真逆のかわいい女の子を演じることがちょっと恥ずかしかったです(笑)」

関連作品