ジブリパーク開業まで1年、「ジブリの大博覧会」が開幕!鈴木敏夫「どんなに見ても終わらない大博覧会」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/7/18 14:00

ジブリパーク開業まで1年、「ジブリの大博覧会」が開幕!鈴木敏夫「どんなに見ても終わらない大博覧会」

来年秋に愛知県長久手市にある愛・地球博公園内にオープンを予定している「ジブリパーク」のプレイベントとして、愛知県美術館で9月23日(木・祝)まで開催されている展覧会「ジブリの大博覧会〜ジブリパーク、開園まであと1年。〜」。その開会式が16日に執り行われ、主催者である愛知県の大村秀章知事と中日新聞社の大島宇一郎代表取締役社長、そしてスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが出席した。

【写真を見る】ハウルの城の建築模型や「ネコバスアトリエ」など、ファン必見の新たな展示企画も!
【写真を見る】ハウルの城の建築模型や「ネコバスアトリエ」など、ファン必見の新たな展示企画も![c]Studio Ghibli

2015年に開催されて以来、5年間で全国11か所を巡回してきた「ジブリの大博覧会」。「ジブリパーク」オープンに向けた特別開催となる今回は、「スタジオジブリ 空とぶ機械達展」や「ジブリの幻燈楼」、「風の谷のナウシカ 王蟲の世界」、スタジオジブリ設立から約35年の歩みを振り返る資料など、各地を彩った全展示が勢ぞろい。また、「ジブリパーク」に2023年度オープン予定の「魔女の谷エリア」に誕生する「ハウルの城」の建築模型、グラフィックデザイナー佐藤卓が企画監修を務めた「ネコバスアトリエ」など、大博覧会に初登場の展示企画も。

「どんなに見ても終わらないと感じるくらい、本物の大博覧会になった」と来賓あいさつで語った鈴木プロデューサーは、大村知事らとテープカットを行ない本展の成功を祈念。開会式後に行われた取材では「『ジブリの大博覧会』というタイトルは覚えていたけど、内容がどうだったか忘れちゃっていた(笑)」と茶目っ気たっぷりに語ると「ある種の懐かしさというか、感慨がある。5、6年前にやった大博覧会のプラスアルファの部分があります」と本展の見どころをコメント。


ジブリパークへの希望を語った鈴木敏夫プロデューサー
ジブリパークへの希望を語った鈴木敏夫プロデューサー[c]Studio Ghibli

また、来年秋のオープンに向けて整備が進められているジブリパークについて訊かれると、「コロナ禍の状況だが、思ったより順調(に準備が進められている)というのが僕の感想。知事のお話では8割できており、来年の秋に皆さんにお披露目できます」と明かす。そして「ディズニーのようなテーマパークよりも、ロンドンのハイド・パークやニューヨークのセントラルパークのようなものができたらいいな。宮崎吾朗を中心に進めているが、理想とするものに近いものができているようで、僕自身とてもうれしいです」と目を輝かせた。

「ジブリの大博覧会〜ジブリパーク、開園まであと1年。〜」は愛知県美術館で9月23日(木・祝)まで開催中。

「ジブリの大博覧会~ジブリパーク、開園まであと 1年。~」
会期:2021年7月17日(土)~9月23日(木・祝)
開催時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで。入館は閉館30分前まで)
休館日:7月19日(月)、8月2日(月)、16日(月)、9月6日(月)、21日(火)
会場:愛知県美術館(名古屋市東区東桜1-13-2、愛知芸術文化センター10階)