生田斗真主演『土竜の唄 FINAL』に豪華キャストの続投が決定!菜々緒&岡村隆史もカムバック|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
生田斗真主演『土竜の唄 FINAL』に豪華キャストの続投が決定!菜々緒&岡村隆史もカムバック

映画ニュース 2021/7/20 8:00

生田斗真主演『土竜の唄 FINAL』に豪華キャストの続投が決定!菜々緒&岡村隆史もカムバック

累計発行部数947万部を突破した高橋のぼるの人気コミックを原作に、2014年と2016年に大ヒットを記録した生田斗真主演の「土竜の唄」シリーズ。その最新作にして完結編となる『土竜の唄 FINAL』が11月19日(金)より公開。このたび本作から、シリーズおなじみの顔ぶれを含む8名の追加キャスト情報が解禁された。

警察学校創立以来最低の成績で卒業した、ちょっぴりスケベだがまっすぐで熱すぎる警察官の菊川玲二が、潜入捜査官“モグラ”に任命され、日本最凶のヤクザ組織である数寄矢会に潜入。トップの轟周宝を挙げるためにさまざまな任務に挑む姿が描かれる本シリーズ。


最新作で描かれる任務は“海上の楽園”こと超豪華客船を舞台に、取引額6000億円の麻薬密輸の阻止。しかし強敵や謎のフェロモン美女の出現に、恋人の純奈との修羅場など、モグラ史上最悪の危機が襲いくることに…。

先日発表された生田の続投につづき、シリーズ1作目と2作目に登場した主要キャストの続投が決定。“クレイジーパピヨン”の異名を持ち、玲二と義兄弟の契りを交わした日浦匡也役の堤真一。玲二の最愛の恋人である若木純奈役の仲里依紗。そして谷袋警察署の署長である酒見路夫役の吹越満、潜入捜査官養成係の赤桐一美役の遠藤憲一、麻薬取締部課長の福澄独歩役の皆川猿時の“ジャスティストリオ”はもちろん、玲二の最終ターゲットである数寄矢会四代目会長の轟周宝役の岩城滉一も。

そしてさらに、シリーズ第1作に登場し玲二とパピヨンを追い詰めた強烈キャラクターの猫沢一誠役の岡村隆史と、前作で巧みな鞭さばきと美脚を披露したチャイニーズマフィアのヒットマン、胡蜂役の菜々緒も再参戦が決定。

シリーズを長年支え続けてきた豪華キャスト陣とインパクト抜群の悪役たちが、ファイナルでどんな活躍を見せて作品を盛り上げてくれるのか。期待しながら公開を待ちたい。

関連作品