鈴木福『スーパーヒーロー戦記』で演じたのは石ノ森章太郎役!プレッシャーと覚悟を告白|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/7/22 15:30

鈴木福『スーパーヒーロー戦記』で演じたのは石ノ森章太郎役!プレッシャーと覚悟を告白

「仮面ライダー」シリーズ生誕50周年と「スーパー戦隊」シリーズ通算45作品のWアニバーサリーにあわせて「仮面ライダーセイバー」と「機界戦隊ゼンカイジャー」が共闘する映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』の初日舞台挨拶が7月22日に開催され、内藤秀一郎、駒木根葵汰、山口貴也、川津明日香、青木瞭、市川知宏、増子敦貴、知念里奈、鈴木福、田崎竜太監督が登壇。鈴木が演じたのが、2大ヒーローの生みの親である石ノ森章太郎役であることが明かされ、鈴木が「本当に楽しくお芝居をさせていただいた」と愛をあふれさせながら力強くコメント。会場から大きな拍手を浴びた。

昭和、平成、令和のヒーローたちが時を超えて集結し、ヒーロー誕生の秘密が明らかとなる本作。これまで“謎の少年役”と紹介されていた鈴木だが、それが石ノ森章太郎役であることがわかった。鈴木は「『仮面ライダーとスーパー戦隊の合体映画にまさか出られるのか』という喜びと共に、石ノ森章太郎先生という役を大きな節目の作品でやらせていただける。プレッシャーもあったけれど、それ以上に『やってやる!』という気持ちの方が強かった」と告白。

ヒーロー愛を熱弁した鈴木福
ヒーロー愛を熱弁した鈴木福

「『セイバーやゼンカイジャーの皆さん、藤岡弘、さんやこれまで仮面ライダー、スーパー戦隊を支えてくださった皆さんの思いを代表して…』と言ったらおこがましいですが、自分ができることを精一杯できたらという思いで挑んだ」と全力投球したという。シリーズの大ファンだという鈴木だけに、「僕自身ファンとしてずっと見てきたからこそわかる部分、落とし込める部分もあったのかなと。本当に楽しくお芝居をさせていただいた。僕にとって『最高に楽しいお仕事だった』と胸を張って言える作品になりました」としみじみ。「今回、変身(シーン)はなかったんですが」と変身願望を口にながらも、「それを飛び超えての石ノ森章太郎先生役。撮影前に石ノ森先生のお墓にご挨拶に行った。精一杯の準備をして臨んだ。たくさんの人に石ノ森先生のすばらしさに気づいてもらえたら」と呼びかけていた。


さらに「僕にとって『仮面ライダー』と『スーパー戦隊』というものは、小さなころからの夢、目標、憧れの存在、僕のすべてと言っても過言ではない」とヒーロー愛は止まらず、本作について「石ノ森先生への感謝や、いままでのスタッフさん、出演者の皆さんの愛が詰まっていて、皆さんとお祝いする映画だと思っている。そのなかに自分も入らせてもらえて、本当にうれしい」と大きな笑顔を見せていた。

たくさんの拍手を浴びた
たくさんの拍手を浴びた

神山飛羽真/仮面ライダーセイバー役の内藤は「50年分の『仮面ライダー』と、45作品分の『スーパー戦隊』。僕たちがそのトップに立つという、その気持ちだけはみんなで忘れないように挑んだ」と意気込んだそうで、「ワンカット、12時間かけたシーンがある。財産になるような経験をした」と充実の表情。五色田介人/ゼンカイザー役の駒木根も「こういう状況のなかで皆さんの前に立つことができて、時間を共有できることがうれしい。最高だなと思っています。歴代のヒーローの方たちに支えてもらいながら、胸を借りるつもりで、全力全開で挑ませていただいた」と熱く語っていた。

取材・文/成田 おり枝

※田崎竜太監督の「崎」は立つ崎が正式表記

関連作品