イ・ビョンホン、ティーン向けロマンス小説原作のNetflix映画に出演&プロデュース|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/7/30 21:00

イ・ビョンホン、ティーン向けロマンス小説原作のNetflix映画に出演&プロデュース

Netflixは、モーリーン・グーが著したヤングアダルトロマンス小説「I Believe In A Thing Called Love」を長編映画化することを発表。イ・ビョンホンが出演し、プロデュースを務めることも同時に発表された。

【写真を見る】原作はヤングアダルトロマンス小説!イ・ビョンホンがNetflix長編映画に出演&プロデュースを務める
【写真を見る】原作はヤングアダルトロマンス小説!イ・ビョンホンがNetflix長編映画に出演&プロデュースを務める画像はMaurene Goo(@maurenegoo)公式Instagramのスクリーンショット

「I Believe In A Thing Called Love」は、成績優秀な高校3年生のデシが、韓国ドラマで描かれる恋愛の法則を利用してボーイフレンドを作ることを決意する物語。イ・ビョンホンはデシの父親役を演じる。Netflixオリジナルシリーズ「デュードが僕を強くした」を手がけたユーリン・クワンが脚本を担当する。原作者のモーリーン・グーも製作総指揮に名前を連ねる。

Netflixオリジナルシリーズ「デュードが僕を強くした」の脚本家が参加
Netflixオリジナルシリーズ「デュードが僕を強くした」の脚本家が参加Liane Hentscher/Netflix


イ・ビョンホンと共にプロデューサーを務めるメアリー・リーは、「『I Believe In A Thing Called Love』は、私が10代の頃に夢中になった憧れの物語を思い出させてくれます。モーリーンは、“人生は自分ではコントロールできないものだ”ということを学ぶ少女の視点を通して、韓国ドラマの楽しい世界を利用する方法を描き出しました。ユーリンが作る世界観はこの作品にぴったりと合います。観客の皆さんがデシと恋に落ちるのが待ちきれません」とコメントを出している。

Netflixは同じくモーリーン・グーの小説「Somewhere Only We Know」の映画化権も獲得しており、近く映画化される予定だ。

文/平井伊都子


次に見るべき韓国コンテンツが見つかる!MOVIE WALKER PRESS Korea