中澤佑二、田中直樹、野田クリスタルが吹替え!『スペース・プレイヤーズ』に垣根を超えた豪華声優陣が集結|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
中澤佑二、田中直樹、野田クリスタルが吹替え!『スペース・プレイヤーズ』に垣根を超えた豪華声優陣が集結

映画ニュース 2021/7/28 5:00

中澤佑二、田中直樹、野田クリスタルが吹替え!『スペース・プレイヤーズ』に垣根を超えた豪華声優陣が集結

NBA史上最強のプレイヤーと呼び声の高いバスケットボール選手、レブロン・ジェームズを主演に描く『スペース・プレイヤーズ』(8月27日公開)。同作の日本語版吹替えを垣根を超えて集結した豪華声優陣が務めることがわかった。

【写真を見る】田中直樹、中澤佑二、野田クリスタル、丸山桂里奈、村上佳菜子が参戦!
【写真を見る】田中直樹、中澤佑二、野田クリスタル、丸山桂里奈、村上佳菜子が参戦![c] 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

1923年の創立以来数々の名作を世に贈りだしてきたワーナー・ブラザースの歴代の作品&キャラクターが登場し、まさに“ワーナー・ブラザース祭り”ともいうべきこの夏のエンターテインメント超大作となっている本作。レブロンをはじめ現在アメリカ代表として来日中のデイミアン・リラード選手やクレイ・トンプソン選手などNBA&WNBAのトップ選手も出演し、壮大なバーチャル空間で繰り広げられる“eスポーツバトル”が描かれる。

バスケ界のスーパースターであるレブロンとその息子のドムは、ある日、映画会社のAIスーパーサーバー“ワーナー3000”に吸い込まれてしまう。そこは誰もが一度は見た事のある有名なキャラクターが存在する究極の無限バーチャル・ワールドだった。その世界の支配を目論むアル・G・リズム(ドン・チードル)は、システムに迷い込んだドムをそそのかして父親レブロンと試合で戦うよう仕向ける。

NBA&WNBAの選手たちが演じる敵チーム“グーンスクワッド”の吹替えには、元日本代表選手である中澤佑二、丸山桂里奈、村上佳菜子のほか、田中直樹(ココリコ)、野田クリスタル(マヂカルラブリー)が決定。そしてレブロン役の楠大典、アル・G・リズム役の津田健次郎、ワンダーウーマン役の甲斐田裕子、ダリウス役の八代拓と人気声優陣が名を連ね、さらに山口勝平、深水由美、高木渉、こおろぎさとみ、三ツ矢雄二、小形満、玄田哲章、江原正士、龍田直樹、石井康嗣、京田尚子、チョーらがルーニー・テューンズのメンバーの吹替えを担当する。

ロサンゼルス・レイカーズのアンソニー・デイビス選手とそのバーチャル内キャラであるザ・ブロウの声を務める田中は「レブロンが映画をやるというニュースを聞いた時から注目していたので、吹き替え声優として自分が携われると聞いてめちゃめちゃ嬉しかったです」とコメント。そしてリラード選手&クロノスを担当する中澤は「サッカーをやっていた人間がレブロンと戦えることは光栄ですし、実際に戦っているような気持ちに吹き替え中はなりました」、トンプソン選手&ウェット・ファイヤー役の野田は「バスケ好きとしてレブロンをいつかは倒さなきゃいけない存在だと思ってたので、こうやって映画の中で闘えてよかったです」とそれぞれにレブロンへの想いを語っている。


また丸山は「アフレコの仕事をしたいとずっと言っていたので夢が叶って嬉しいです」、村上は「今回声優は初めてで、身体で表現することは昔からやってきましたが、声で表現することは初の挑戦でした」と初めての吹替えを振り返ったほか、ルーニー・テューンズ役のレジェンド俳優たちも役柄同様に個性豊かなメッセージを寄せている。

レブロンは最強の殺し屋軍団に勝利して、ドムを取り戻すことができるのか?この夏にふさわしい華やかでアツいバーチャル・バトルに期待しよう。


映画ファンをアツくするキャラクター、アイテム大集合!『スペース・プレイヤーズ』特集【PR】

関連作品