ヘンリー王子、渡英時に滞在していたフロッグモア・コテージから私物を完全撤去か|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
ヘンリー王子、渡英時に滞在していたフロッグモア・コテージから私物を完全撤去か

セレブリティ 2021/7/29 13:30

ヘンリー王子、渡英時に滞在していたフロッグモア・コテージから私物を完全撤去か

ヘンリー王子が英王室を離脱して米国に移住した後、現地時間4月17日に行われたフィリップ王配の葬儀と、7月1日に行われた故ダイアナ妃の生誕60周年記念の銅像の除幕式と、単身で渡英した際に宿泊していたと言われているフロッグモア・コテージ。しかし、すでにヘンリー王子夫妻の私物は撤去されたようだ。

【写真を見る】ヘンリー王子夫妻がかつて住んでいたフロッグモア・コテージ。改装費には巨額が投じられたそう
【写真を見る】ヘンリー王子夫妻がかつて住んでいたフロッグモア・コテージ。改装費には巨額が投じられたそう写真:SPLASH/アフロ

関係者が「The Sun」に対して明らかにしたもので、「ヘンリー王子が米国に戻って数日後には、ウィンザー城のスタッフがフロッグモア・コテージの夫妻の古い寝室から、写真立てを含む所有物をすべて片付けたようです。ヘンリー王子は、現在ここに住んでいる従妹のユージェニー王女家族の住居とは離れた場所にある、コテージの1室に滞在していましたが、その部屋は夫妻が渡米した後もそのままになっていた」とか。「荷物は船便でカリフォルニアの邸宅に送られたのだと思います」と関係者が語っており、事実であれば、2度とこの場所に滞在する予定がないことになる。

ヘンリー王子はフィリップ王配の葬儀に出席した際、コテージに宿泊
ヘンリー王子はフィリップ王配の葬儀に出席した際、コテージに宿泊写真:SPLASH/アフロ

5つのベッドルームを有するこの屋敷には、現在ユージェニー王女夫妻が住んでいるが、ヘンリー王子が2022年3月まで賃貸料を支払っているため、使用する権利がある。ヘンリー王子は、9月に改めて行われるダイアナ妃の生誕60周年の記念式典にメーガン妃とアーチー、6月4日に誕生した娘のリリベットを連れてくるという噂もある。その際に、エリザベス女王の都合のつくタイミングで、女王の立会いのもとでリリベットの洗礼式をウィンザー城にて執り行うことを希望しているともいわれており、渡英する予定はあるようだ。


家賃を払っていることやこれまでの英王室の対応から考えて、王室側が撤去を命じたとは考え難く、今後ヘンリー王子は単身で渡英することはなく、メーガン妃と一緒に英王室の敷地内には入らないという強い意志の表れなのかもしれない。

文/JUNKO