鈴木亮平が松坂桃李をリアルに描画!『孤狼の血 LEVEL2』肖像画ポストカードが入場者特典に|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/8/5 7:00

鈴木亮平が松坂桃李をリアルに描画!『孤狼の血 LEVEL2』肖像画ポストカードが入場者特典に

柚月裕子の同名小説シリーズを原作に、第42回日本アカデミー賞で4つの最優秀賞に輝くなど映画賞を席巻した『孤狼の血』(18)の続編、『孤狼の血 LEVEL2』(8月20日公開)。このたび、同作に上林役で出演の鈴木亮平が描いた刑事、日岡秀一(松坂桃李)の肖像画が公開され、この絵が入場者特典ポストカードとして配布されることが明らかになった。

敵役である鈴木亮平が主人公の日岡を描いた迫力の肖像画
敵役である鈴木亮平が主人公の日岡を描いた迫力の肖像画[c]2021「孤狼の血LEVEL2」製作委員

本作は、広島の架空の街、呉原市を舞台に刑事とヤクザが繰り広げる抗争を描く。前作で裏社会を収めていた伝説の刑事、大上(役所広司)の遺志を受け継いだ日岡は、権力を用いて暴力組織を取り仕切っていくが、ある時、出所してきたたった一人の“悪魔”によって事態は急転する。

このたび肖像画を描いた鈴木が演じるのは日岡と対峙する最凶の男、上林。上林の眼から見た日岡を表現するという思いが込められた肖像画は、二人の宿命のライバル関係、壮絶な運命を感じさせる迫力の絵となっている。鈴木は先日の完成披露イベントで「日々この絵を描き進めている間に、手放したくないほどに愛着がわいた」と肖像画に関してコメント。この肖像画を用いたポストカードは入場者特典として、全国20万枚限定で配布される。


はたして日岡の鋭い視線が意味するものは?ぜひ、劇場で二人の激突を目撃し、鈴木の思いが詰まったポストカードを手に入れたい。

文/鈴木レイヤ

関連作品

  • 孤狼の血 LEVEL2

    4.0
    588
    柚月裕子原作の小説を映画化した白石和彌監督の『孤狼の血』から3年後を描いた続編