震えよ埼玉県民…『翔んで埼玉』続編制作決定!GACKT&二階堂ふみも続投、新たな仲間も?|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/8/11 7:00

震えよ埼玉県民…『翔んで埼玉』続編制作決定!GACKT&二階堂ふみも続投、新たな仲間も?

「パタリロ」などで一世を風靡した魔夜峰央原作の漫画を実写映画化した『翔んで埼玉』(19)。興収37.6億円を記録した話題作の続編『翔んで埼玉Ⅱ』(2022年公開))の制作が決定し、前作でW主演を務めたGACKTと二階堂ふみが続投することが明らかになった。

前作は原作の特徴でもある埼玉を強烈にディスる展開や自虐ネタが散りばめられた、東京を頂点とした関東一帯の壮大な下剋上の物語。「埼玉県人にはそこら辺の草でも食わせておけ!」「埼玉なんて言っているだけで口が埼玉になるわ!」などインパクト大なセリフが反響を呼び、社会現象を巻き起こし、第43回日本アカデミー賞では監督賞など3部門で最優秀賞に輝いた。

今回の決定に魔夜は「改めて言うが、正気か」と困惑気味。また麻実麗役のGACKTも「不安しかありません」と笑いを交えコメント。また、壇ノ浦百美役の二階堂は「真面目に不真面目な大人達が集まる現場にまた呼んでいただけて、とても光栄です」と喜びを明かしている。


製作陣も監督の武内英樹、脚本の徳永友一、プロデューサーの若松央樹ら『翔んで埼玉』チームが再集結。武内監督は「新しい仲間(?)と共に全力で」と新らたなキャラクターの登場を早くも匂わせている。耽美とギャグが混然一体となったエンターテインメントの続編は、はたしてどんなブッ翔んだ展開で楽しませてくれるのか?続報を待ちたい。

関連作品

  • 翔んで埼玉

    3.9
    345
    埼玉県を徹底的に見下すセリフで話題の漫画を二階堂ふみとGACKTのW主演で実写化
    Amazon Prime Video Netflix