横浜流星、松本穂香ら豪華俳優陣と12人の映画監督が集結!『DIVOC-12』本予告映像が到着|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/8/12 8:00

横浜流星、松本穂香ら豪華俳優陣と12人の映画監督が集結!『DIVOC-12』本予告映像が到着

ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが新型コロナウイルス感染症の影響を受けているクリエイターや制作スタッフ、俳優の継続的な創作活動を支援するために立ち上げた映画製作プロジェクト『DIVOC-12』。『新聞記者』(19)の藤井道人監督、『カメラを止めるな!』(18)の上田慎一郎監督、『幼な子われらに生まれ』(17)の三島有紀子監督を筆頭に12人の監督が12の物語を短編映画で描く本作の公開日が、10月1日(金)に決定。あわせて本予告映像と主題歌が解禁となった。

ソニーグループが立ち上げた「新型コロナウイルス・ソニーグローバル支援基金」の支援活動の一環として、コロナ禍の映像制作活動において大きな影響を受けているクリエイターたちを支援する本プロジェクト。日本映画界を代表する3人の監督の元に一般公募から選ばれた新人監督を含む9人が集まり、藤井監督チームは“成長への気づき”、上田監督チームは“感触”、三島監督チームは“共有”というチームごとのテーマを掲げて各々の物語を紡ぎだす。

解禁された予告映像では、藤井監督作品『名もなき一篇・アンナ』に主演する横浜流星が「忘れないよ、忘れない」とどこか遠くを見つめながら呟く姿が映しだされ、続いて上田監督作品『ユメミの半生』の松本穂香と小関裕太がバイクで疾走し笑顔を見せるシーンや、三島監督作品『よろこびのうた Ode to Joy』での富司純子と藤原季節が明暗の感情を交錯させるカットなど、映しだされる様々なシーンが予測できない人間ドラマを予感させる。


さらにyamaの新曲「希望論」が、本作の主題歌に決定。2020年にリリースされた「春を告げる」があらゆるヒットチャートでトップにランクインし、2021年の音楽シーンを象徴するアーティストの1人となったyamaだが、今回の主題歌は12人の監督たちと共にCOVID-19を乗り越えて行きたいという想いが込められた楽曲となっており「この曲に込めた思いは『この歌だけ僕の本当だ』と歌にある通りです。正解か不正解かは問題ではなく自分だからこそ見える景色を作品として残し続けること。それが自身の存在証明であり真実です」とコメント。

今作では横浜流星らを筆頭に、石橋静河や窪塚洋介、清野菜名、高橋文哉、前田敦子など個性豊かな俳優陣や若手俳優支援の一環で開催されたオーディションで選ばれた期待の新人俳優たちまで鮮やかな才能が集結しており、12人の映画監督によって生みだされるそれぞれの作品に期待したい!

文/富塚沙羅

関連作品