野沢雅子、中村悠一ら豪華声優が参加!日本から世界へ放つ「スター・ウォーズ:ビジョンズ」予告編が完成|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
野沢雅子、中村悠一ら豪華声優が参加!日本から世界へ放つ「スター・ウォーズ:ビジョンズ」予告編が完成

映画ニュース 2021/8/22 6:00

野沢雅子、中村悠一ら豪華声優が参加!日本から世界へ放つ「スター・ウォーズ:ビジョンズ」予告編が完成

日本を代表する7つのアニメスタジオが参加し、「スター・ウォーズ」を愛する日本のクリエイターたちが独自のビジョンで描きだした「スター・ウォーズ:ビジョンズ」が、9月22日(水)16時よりディズニー公式動画配信サービス「ディズニープラス」にて独占配信開始。このたび本作のグローバル予告と英語吹替え予告が完成し、あわせて各作品の日本語・英語それぞれのキャスト情報が解禁された。

本作は、ジョージ・ルーカスが黒澤明作品や日本文化から多大な影響を受けて制作した「スター・ウォーズ」のルーツとも言える日本へ、ルーカスフィルムが強いリスペクトを込めた史上初の一大アニメプロジェクト。9つの新しい物語で構成され、神風動画、キネマシトラス、サイエンスSARU、ジェノスタジオ、スタジオコロリド、トリガー、プロダクションI.G.の7社が各作品の制作を務めている。

このたび解禁された予告編では、ライトセーバーの激しい戦闘シーンやアレンジされた心躍るガジェットの数々はもちろん、「フォースと共にあらんことを」というおなじみの名台詞も登場。また、これまでのシリーズ作では目にしたこともない新たな要素も続々と確認することができるなど、各スタジオが独自の世界観で描いた魅力的なキャラクターや音楽をはじめ、随所に「スター・ウォーズ」への愛情を強く感じる仕上がりに。

また各作品のボイスキャストも発表され、日本キャストが声を務めるグローバル版には野沢雅子や中村悠一、榎木淳弥、内田雄馬、平川大輔、吉野裕行、金田明夫ら豪華声優陣が集結した。


また英語吹替え版には「スター・ウォーズ」の大ファンとして知られるジョセフ・ゴードン=レヴィットや『ブラック・ウィドウ』(公開中/ディズニープラス プレミアアクセスで配信中)のデヴィッド・ハーバー、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(9月3日公開)のシム・リウの名前も。

世界のエンタテインメント界に幾多の金字塔を打ち立ててきた「スター・ウォーズ」シリーズと、つねにアニメーションの限界に挑み世界的に存在感を示す日本のアニメスタジオのタッグによって実現した本作。配信開始がいまから待ちきれない!