大泉洋とMIYAVIが、推し“マスクド・シンガー”を明かす!「正体を知った時は笑ってしまいました」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2021/9/18 10:00

大泉洋とMIYAVIが、推し“マスクド・シンガー”を明かす!「正体を知った時は笑ってしまいました」

芸能界、スポーツ界、文化界など各界の豪華スターたちが、コスチュームに身を包み正体を隠した状態で圧倒的なパフォーマンスバトルを繰り広げる新感覚の音楽ライブエンタテインメント「ザ・マスクド・シンガー」がAmazon Prime Videoにて独占配信中。本番組の出演者たちがパフォーマンス以上に心掴まれたと声をそろえるのは、“マスクド・シンガー”たちの個性的なビジュアル。本稿ではMCの大泉洋と、パネリストのMIYAVIが激推しするキャラクターを紹介したい。

パネリストたちが“マスクド・シンガー”の正体を推理し、毎回1人ずつ素顔が明らかにされていく
パネリストたちが“マスクド・シンガー”の正体を推理し、毎回1人ずつ素顔が明らかにされていく[c] 2021 Amazon Content Services LLC

2015年から韓国で放送されている「ミステリー音楽ショー:覆面歌王」を原型とした本番組。後にアジア圏を中心に各国でリメイクされた同番組は、“エンタテインメントの国”アメリカでリメイクされるや、一躍全米トップの視聴率を誇る人気番組へと進化。現在では世界50カ国で現地制作され、今回待望の日本初上陸。日本文化を織り交ぜながら“カルチャライズ”が施され、最新ヒット曲から懐かしの名曲まで至極のパフォーマンスを披露する“マスクド・シンガー”たちが熱い火花を散らしていく。

大泉洋が「非常に気になります」とプッシュする“ローズ”
大泉洋が「非常に気になります」とプッシュする“ローズ”[c] 2021 Amazon Content Services LLC

大泉は番組内に登場するパフォーマーたちのなかでも、ひときわインパクトを放つ“ローズ”というキャラクターをプッシュ。「ローズの正体は検討がまったくつかないですね。歌もお上手ですが、歌より“ローズ劇場”が非常に気になります。すごくおもしろいのですが、ローズが出る収録は圧倒的に延びるんです(笑)」。18世紀のフランス貴族のようなコスチュームに、マンガのような大きな瞳。顔全体をバラで覆われているローズは、一体どんなパフォーマンスを見せているのか…。

丸々としたポップな見た目の“ニンジャ”はMIYAVIのイチオシ!
丸々としたポップな見た目の“ニンジャ”はMIYAVIのイチオシ![c] 2021 Amazon Content Services LLC

またパフォーマーの正体を推理するパネリストとして出演しているMIYAVIは「印象に残ったのは“ニンジャ”です」と明かす。ニンジャといえば、気配を消して音を立てることなく闇にまぎれるイメージがあるが、本番組のニンジャはなぜか丸々として可愛らしい見た目。それでも圧巻のパフォーマンスを披露するニンジャに「アーティストかミュージシャンかなと思って想像していましたが、マスクを外して正体を知った時に、すごく驚いたと同時に笑ってしまいました」と語るMIYAVI。


【写真を見る】世界的アーティストもパネリストとして参加!真剣な表情でパフォーマーを推理するMIYAVI
【写真を見る】世界的アーティストもパネリストとして参加!真剣な表情でパフォーマーを推理するMIYAVI[c] 2021 Amazon Content Services LLC

番組内では総勢12名の”マスクド・シンガー”たちが、その姿からは想像もできない美声を発したり、魅力的なパフォーマンスで会場の空気を掌握したりと、誰もが心躍らずにはいられないパフォーマンスを次々と披露していく。そして毎話1人ずつ明かされるその素顔…。はたして彼らの正体は?そして最後まで勝ち抜き“ゴールデンマスク”の称号を勝ち取るのは誰なのか。パネリストたちと一緒に推理しながら、驚きに満ちたエンタテインメントを堪能してほしい。

文/久保田 和馬