『攻殻機動隊 SAC_2045』が藤井道人監督のもと劇場公開へ!描き下ろしメインビジュアルも解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『攻殻機動隊 SAC_2045』が藤井道人監督のもと劇場公開へ!描き下ろしメインビジュアルも解禁

映画ニュース 2021/9/9 11:00

『攻殻機動隊 SAC_2045』が藤井道人監督のもと劇場公開へ!描き下ろしメインビジュアルも解禁

人気シリーズ「攻殻機動隊」の最新作「攻殻機動隊 SAC_2045」が、新シーンを加えて再構成された『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』として11月12日(金)より2週間限定で劇場公開決定。あわせて、『新聞記者』(19)の藤井道人が監督を務めることも明らかとなった。

【写真を見る】『新聞記者』、『ヤクザと家族 The Family』の藤井道人が劇場版の監督に
【写真を見る】『新聞記者』、『ヤクザと家族 The Family』の藤井道人が劇場版の監督に[c]士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

士郎正宗による原作は、1989年の連載開始以来、1995年の押井守監督による『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』を始めとして、アニメーションやハリウッド実写映画など、様々な作品群を構成してきた人気コミック。最新作である「攻殻機動隊 SAC_2045」は、シリーズ初のフル3DCGアニメーションとなっており、「攻殻機動隊S.A.C.」を手掛けてきた神山健治と、「APPLESEED」シリーズで知られる荒牧伸志のダブル監督で描きだされる。Netflixにて2020年4月からシーズン1が全世界で配信開始されると、鮮烈なSFアクションと、時代を予見した独自のドラマにより新たなファンを獲得した。

『攻殻機動隊-SAC_2045-持続可能戦争』特報映像より
『攻殻機動隊-SAC_2045-持続可能戦争』特報映像より[c]士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

本作は、その現在配信中のシーズン1を再構成し全編フルグレーディングを施したもの。シーズン1に引き続きmillennium paradeが主題歌を担当し、「Fly with me」のフルサイズを今回の劇場版のために新たなアトモスミックスを加えているという。また、あわせて解禁となったメインビジュアルは、本作のキャラクターデザインを担当するイリヤ・クブシノブの描き下ろしによるもので、主人公の草薙素子ら公安9課のメンバーと、新キャラクターの江崎プリン、物語のキーとなる“ポスト・ヒューマン”シマムラタカシが描かれた、本作を象徴するビジュアルとなっている。

さらに、同時に公開された特報では、「2045年」のテロップから始まり、再び結成された公安9課の面々やタチコマ、江崎プリンに加え、スミスから語られる新たな敵“ポスト・ヒューマン”の存在、そして謎に包まれたシマムラタカシの登場など、映画の内容が気になる要素が随所に散りばめられている。


本作の監督に抜擢された藤井は「攻殻機動隊シリーズを観たことがない人でも楽しめる、濃密で見応えのある映画ができました」と、作品への自信をコメント。これまで実写映画で活躍を見せてきた藤井による「攻殻機動隊」はどのようなものになるのかも気になるところ。

メインビジュアルと同様のイラストが使用された特典のクリアファイルも必見
メインビジュアルと同様のイラストが使用された特典のクリアファイルも必見[c]士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

明日9月10日(金)からは先着特典付きのムビチケ前売券(カード)の発売も決定。本日公開されたメインビジュアルがあしらわれたクリアファイルが特典となっている。シーズン2の制作も決定している「攻殻機動隊 SAC_2045」。スクリーンに集結した素子らの活躍に期待が高まる!

関連作品