田中圭、『総理の夫』で中谷美紀に「ハラハラしました(笑)」と告白!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/9/10 20:00

田中圭、『総理の夫』で中谷美紀に「ハラハラしました(笑)」と告白!

原田マハの原作小説を、田中圭と中谷美紀のW主演で映画化した『総理の夫』(9月23日公開)の超組閣完成披露試写会舞台挨拶イベントが、9月8日にTOKYO DOME CITY HALLで開催され、田中、中谷、貫地谷しほり、工藤阿須加、松井愛莉、嶋田久作、片岡愛之助、 岸部一徳、河合勇人監督がレッドカーペットに降り立った。田中は「中谷さんと夫婦役ということで緊張しました。ハラハラしましたよ」と言うと、中谷は「どういう意味ですか!?」と答え、早速会場を沸かせた。

『総理の夫』は、日本初の女性総理と前途多難な“総理の夫”の大騒動を描くヒューマンコメディ。田中は大財閥生まれの世間知らずなお坊ちゃんにして鳥オタクのファーストジェントルマン、相馬日和役を、中谷は才色兼備で完全無欠なカリスマ女性総理、相馬凛子役を演じた。


田中は「“総理の夫”って最初はピンとこなくて、台本を読んで“総理の夫”って俺のこと!?みたいに理解しました」と最初の印象を答えると、中谷も「お話をいただいた当初は、日本で女性の総理って絶対無理でしょう?って意地悪な気持ちで原作と脚本を読みました。でも、凛子が“働く女性が子どもを産み、育てやすい世界にする”という理念を持っていて、そこに1人の女性として、とても共感しました」と語った。

また、中谷は「現場では田中さんがとても頼もしくて、優秀な助監督さんのように出番をこっそり教えてくださったんですよね」と現場を振り返ると、田中は「中谷さんが『よーい 1、2、3で行ってください』と助監督さんが言ってるのに、『よーい』で行くんですよね(笑)。それが何度かあったので、『ここは俺が!』と思いました」と語り、会場の笑いを誘った。

役作りに関して中谷は「監督と『ヒステリックに主義主張を叫ぶだけでは総理大臣って無理だよね』とお話しして、世界中の女性リーダーたちが、怒りをグッと堪えて穏やかにお話しされているのを参考にさせていただきました。あとは隣にいてくださる日和くん(田中)の優しさに包まれて演じていれば凛子になるな、と思いました」と言うと、田中も「なにもしない主人公ってとても珍しくて、台本を読んだ時にとてもうれしかったんですね。ただ、いざ現場に入ると、不安になってしまったんですが、なるべく田中圭を封じ込んで、なるべく全編日和でニュートラルになるようにしてました」と本作ならではの役づくりを語った。

貫地谷は田中について「優しいんですよね。セリフを間違えるとそれを盛り上げてくれて、撮影序盤も緊張しなかったです」と話すと田中は「よくセリフ間違えてたんで。嘘だよ!」とツッコミを入れ、会場は爆笑。工藤も「現場がすごくいい雰囲気でコミカルなところもあって、どうしても笑いそうになってしまうので気をつけていました」と楽しかったという現場を振り返った。

片岡は「僕は怒ってばかりのシーンしかないんですよね。ちょうどこの撮影時に、某ドラマで金融庁の役をずっとやっていて、後半に差し掛かっていたので、怒るとそういうスイッチが入ってしまいそうになるので、そのスイッチを押し込めて、怒っていたのを覚えています」と、ドラマ「半沢直樹」の話題を出し、会場を盛り上げた。

ついに観客への初お披露目となった本作。河合監督は「撮影もコロナ禍で、公開する時は大丈夫だろうと思っていたんですが、こうしてみなさんにお披露目できることがうれしいですし、感謝の気持ちでいっぱいです」といまの気持ちを吐露。

最後に中谷が「この作品は全ての、働く女性と、やむを得ず働くことができない女性、働くことを選ばなかった女性、そして、そうした女性を支える、ちょっと肩の荷を下ろしたいなという男性、すべてを応援する作品です。 “総理の夫”、相馬政権に皆様の清き一票を頂戴できますよう、心よりお願い申し上げます!」とアピール。

田中も「たくさん笑って、ほっこりして、心動かされて、ちょっと泣いて、最後には前向きになれるような本当にすてきな2時間をみなさんに共有できる映画になったと思います!」と締めくくり、イベントは大盛況のまま幕を閉じた。

文/山崎伸子

関連作品