木村拓哉と長澤まさみが『マスカレード・ナイト』のゲームで惨敗も「最高のバディです」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/9/14 20:06

木村拓哉と長澤まさみが『マスカレード・ナイト』のゲームで惨敗も「最高のバディです」

東野圭吾による人気シリーズの映画化第2弾『マスカレード・ナイト』(9月17日公開)の公開直前イベントが、原作のモデルにもなったロイヤルパークホテルで開催され、主演の木村拓哉と長澤まさみが登壇。木村は、長澤の仕事への向きあい方について「まさみちゃんは、出るっていう決断をした作品からは、一度たりとも逃げてないなと、作品を観させていただいていつも思います。その強さや覚悟は、作品を通じて感じています」と長澤を称えた。

長澤は木村について「数々の作品でいろんな役を演じられて、たくさんのものを生みだしてきてる本当にすごい方なのに、常に素直に受け入れる心をもっていて、そこがすごいなと思います。大人になると素直になることって難しかったりするけど、そこをスポンジのように柔らかく柔軟に吸収していっている。新鮮味をもって現場にいるんだろうなと思いますが、そういうところを学びたいなと思います」とリスペクトした。


おちゃめに苦笑いする木村拓哉
おちゃめに苦笑いする木村拓哉

本作では、警視庁捜査一課の新田浩介(木村)が、ホテル・コルテシア東京の一流ホテルマンである山岸尚美(長澤)と再びバディを組んで潜入捜査をしていく。

先日開催された完成披露試写会では、お互いに「最高です」と称えあった2人。どんな点が最高かと尋ねられた木村は「一緒に作業をしてて楽しいですし、ホテル・コルテシア東京の制服でセットのなかにおられる時は美しいです。また、お芝居では、一度も読み合わせをしてなくても、非常にセッションが気持ち良く進む感じです。2年という月日は経ってましたが、一瞬にして、山岸さんと新田というキャラクターに戻れた気がします」と信頼関係を口にした。

【写真を見る】木村拓哉と長澤まさみが仲良く相談し合う
【写真を見る】木村拓哉と長澤まさみが仲良く相談し合う

長澤はそれを聞いて「大変うれしいです。ありがとうございます」と恐縮したあと、木村について「現場での集中力をどうやってコントロールするかを学ばせてもらっています。切り替えが大事だったりするので、1日のなかで計画していかないと、終わるころにはバテバテになっちゃうんです。そういうのを考えて現場でどう行動するべきかということをいつも学ばせていただきます」と語った。

その後、劇中でのカウントダウンパーティーシーンの撮影に使われた大宴会場「ロイヤルホール」ということで、 木村と長澤が、「24時間以内に真犯人を見つけだす」という物語さながらに、24秒以内に協力しながら“真実を見極める”というゲームに挑戦した。

長澤が動物ゲームのゼスチャーにトライ
長澤が動物ゲームのゼスチャーにトライ

1つ目は2人のうち、本物のホテルマンを当てるというもの、2つ目は2人の秒数が24秒になるようにするというストップウォッチチャレンジ、3つ目はジェスチャーでお題を当てるというゲームだったが3つとも惨敗。4度目のボーナスチャレンジでようやく成功した。

木村は「辛いゲームにつきあわせてしまいました。限られた時間でしたが、ありがとうございました」と言うと、長澤も「ゲームはちょっと…という結果になってしまいましたが、映画のなかでの新田さんと山岸さんは最高のバディですので、ぜひ映画のほうを楽しんでいただきたいです」と笑顔で締めくくった。

取材・文/山崎伸子

関連作品