「本当の“家族”の映画だった」ムロツヨシの熱演光る初主演作『マイ・ダディ』に集まった、観客の想い|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2021/9/18 20:00

「本当の“家族”の映画だった」ムロツヨシの熱演光る初主演作『マイ・ダディ』に集まった、観客の想い

映像クリエイター支援プログラム「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM」で2016年に準グランプリに選ばれた脚本を、金井純一監督自身が映画化した『マイ・ダディ』が、9月23日(木・祝)より公開される。ムロツヨシにとって意外にも映画初主演となる本作は、難病を患った愛する娘を救うべく、無情な事実に立ち向かっていく父の愛を描くヒューマンドラマだ。

コミカルなイメージを封印し、感動を誘う熱演を見せているムロツヨシ
コミカルなイメージを封印し、感動を誘う熱演を見せているムロツヨシ[c]2021「マイ・ダディ」製作委員会

親子の関係が、親の視点と子どもの視点、そしてそんな彼らを支える人々の視点から丁寧に描かれており、どの世代の人にも刺さるものがある本作。その感動ポイントに、一足早く作品を鑑賞した様々な年代の人たちの声から迫っていきたい。

映画初主演!ムロツヨシが魅せる名演に引き込まれる

小さな教会の牧師を務める御堂一男は、8年前に妻に先立たれ、牧師のほかにガソリンスタンドのアルバイトをしながら、中学生の娘、ひかりを育て上げてきた。娘との些細なケンカも時にはあるものの、平穏な日々を送っていたある日、ひかりが突然倒れ、白血病と診断されてしまう。この試練に打ちひしがれる一男だったが、さらに、娘と血がつながっていないという衝撃的な事実を医師から告げられてしまう。

度重なる残酷な試練に心が折れそうになりながらも、娘をなんとしても救おうと立ち上がる父、一男を演じるのはムロツヨシ。脚本と出会って2時間後には「一男を演じたい」と思い、出演を決めたというムロは、軽やかな物語の出発点から、徐々に重みを伴っていく繊細かつエモーショナルな演技を披露。温厚で平静な牧師が、思いがけぬ事態に直面して動揺し、そして葛藤を経て、覚悟していく姿を見事に体現している。

「ムロさんのふざけていないストレートな演技、やはり良いと再確認した」(50代・男性)
「また新しいムロツヨシさんの一面が見られたことが印象に残りました」(40代・女性)
「飲み会中の泣き笑いの演技に引き込まれた」(40代・女性)
「いろんな愛や感情を表現していて良かった」(30代・男性)


御堂一男は、牧師だけでは生活は厳しく、ガソリンスタンドのアルバイトで生計を立てている
御堂一男は、牧師だけでは生活は厳しく、ガソリンスタンドのアルバイトで生計を立てている[c]2021「マイ・ダディ」製作委員会

これまでの作品で見せてきた演技からユーモラスな印象が強いムロだけに、本作でのシリアスな演技に新鮮味を覚えた、心奪われたといった声が多く届いている。さらには、

「手の演技がとても印象的でした。様々なシーンで手のアップがあり、その時の心情が伝わりました」(女性)
「手術の際に『頑張れ』と言っているシーン、頑張れの言葉がとても重くいろいろな気持ちが含まれていると思いました」(20代・女性)


など、さりげない一幕での台詞回しや仕草からもムロの演技力を感じたという意見も。細部にまで心の機微が込められたムロの演技は、特に同世代の子どもを持つ人々に刺さったようで、以下のような言葉も並んでいた。

父親に反抗する思春期の娘の心の機微など、共感を呼ぶ物語となっている
父親に反抗する思春期の娘の心の機微など、共感を呼ぶ物語となっている[c]2021「マイ・ダディ」製作委員会

「もし(自分の)娘が…と思いながら観ました。途中から涙が止まりませんでした」(40代・女性)
「娘を想う父親に共感しました」(50代・男性)
「実体験ではないですが、自分の子どもじゃないと知った時の父親の心情はいかばかりかと切なくなりました」(60代・男性)