愛され続ける国民的ヒロイン!沢口靖子を知るための10のトリビア|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2021/9/19 18:00

愛され続ける国民的ヒロイン!沢口靖子を知るための10のトリビア

1999年の放送開始から20年以上の歴史を重ねてきた大ヒットドラマが、『科捜研の女-劇場版-』となって、現在公開中だ。 これを記念して、シリーズ1作目から京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医担当の科学者、榊マリコを演じている沢口靖子の10のトリビアを紹介。これを知ると“科捜研”のマリコの見え方も変わってくるかも。あなたは、いくつ知っていますか?

捜査一課の刑事・土門との名コンビぶりにもますます磨きがかかる(『科捜研の女 -劇場版-』)
捜査一課の刑事・土門との名コンビぶりにもますます磨きがかかる(『科捜研の女 -劇場版-』)[c]2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会


1:多くの女優を生んだ「東宝シンデレラ」で第1回グランプリを獲得

沢口は、1984年にスタートした「東宝シンデレラ」オーディションの記念すべき第1回グランプリを受賞して女優デビュー。「東宝シンデレラ」はその後不定期に開催され、これまでに長澤まさみ(2000年、第5回グランプリ)、上白石萌歌(2011年、第7回グランプリ)、上白石萌音(同年、審査員特別賞)、山崎紘奈(同年、審査員特別賞)、浜辺美波(同、ニュージェネレーション賞)などの人気女優を輩出しているが、「東宝シンデレラ」の清純派女優のブランド・イメージは、第1回の沢口が作り上げたと言ってもいいだろう。ちなみに第1回のファイナリストには斉藤由貴がいるが、アイドル歌手としても活躍した彼女と違い、沢口は女優の道をまっしぐら。1984年の映画デビュー作『刑事物語3 潮騒の詩』で主題歌を歌い、その後も3枚のシングルと2枚のアルバムをリリースはしているものの、1989年以降は女優に専念している。

2:ドラマデビューは伝説の番組「太陽にほえろ!」だった

沢口靖子のドラマデビューは、意外なことに、当時の人気刑事ドラマ「太陽にほえろ!」だ。1984年11月9日オンエアの「マイコン刑事登場!」の回に、新人のマイコン刑事を演じた石原良純とともに七曲署交通課の警察官、美津子役で登場。彼女は配属初日のマイコン刑事と署の玄関でぶつかりそうになったのをきっかけに知り合うが、2人の関係が恋に発展することはなく、沢口の出演もこの1回きりで終わった。

3:書道の先生が夢だった

才色兼備の沢口は、美しい字を書くことでも知られている。小学生のときに書道を習い、高校の芸術選択科目も教師の薦めで書道を選択。文字を活かせる書道の先生や社長秘書のような仕事に憧れていた時期もあったという彼女は“MY筆ペン”を持っていて、ファンから求められるサインもその筆ペンで書いているのだとか。ちなみに、イケメン書道家が殺害される「科捜研の女」シーズン15第4話(2017年10月6日放送)では、事件解決の糸口を見つけるため、沢口演じるマリコが科捜研の共有スペースで習字を行うシーンが。撮影では沢口本人が何十年かぶりという筆を持ってこのシーンに挑み、ブランクを感じさせない美しい文字を披露した。

沢口靖子の代表作「科捜研の女」が初の映画化!(『科捜研の女 -劇場版-』)
沢口靖子の代表作「科捜研の女」が初の映画化!(『科捜研の女 -劇場版-』)[c]2021「科捜研の女 -劇場版-」製作委員会

4:学生時代の“美少女伝説“…高校時代にファンクラブがあった

女優デビュー前から地元の大阪では有名人で、数々の“美少女伝説”が伝えられている沢口。中学卒業と同時に、大阪府堺市にある高校に入学したが、入学直後から「ものすごい美少女がいる」と学内で話題になっただけではなく、下校時にはそんな彼女をひと目見ようと他校の男子生徒が校門に殺到するという異常な事態に。そんななか、沢口の中学時代の同級生の弟が私設のファンクラブを作り、まだ芸能人でもなかった彼女の撮影会が行われたというからビックリ! しかも、在籍校だけではなく、最寄りの高校にもファンクラブが設立される人気ぶり。登下校時の電車では沢口が乗っている車両だけが混雑し、彼女が図書館で勉強しているとあっという間に大勢のギャラリーが詰めかけたという。さらに、沢口の美しさは教師の間でも有名で、彼女に惚れた先生が授業中にしどろもどろになったという伝説も残っているとか。

5:最高視聴率55.3%の連続テレビ小説「澪つくし」で朝の顔に

沢口が女優としてブレイクするきっかけになったのは、1985年に放送され、最高視聴率55.3%を記録した連続テレビ小説「澪つくし」だったのは間違いないだろう。大正末期から終戦直後の昭和に至る千葉県の銚子市を舞台にした本作で、沢口は網本の長男である惣吉(川野太郎)と数々の障害を乗り越えながら愛を育んでいく醤油屋の妾の娘、かをるを熱演。まだ新人だった沢口にこの役を演じて欲しいと熱望したのは、『刑事物語3 潮騒の詩』をたまたま観て、彼女の儚げなのに力強い眼に魅せられた脚本のジェームズ三木だったようだが、それが大当たり!まだまだ拙かった沢口の芝居が、互いを見つめ合ったり、初めてのキスをする純愛カップルのぎこちなさとマッチして、視聴者のヤキモキ感やハラハラ感を増幅。しかも、桜田淳子が演じた醤油屋の正妻の娘、律子が義妹のかをるとは真逆のクールなキャラだったことも功を奏した。沢口の透明感のある美しさと健気さがより際立ち、観る者を虜にしたのだ。

関連作品