小松菜奈&坂口健太郎がW主演!“涙より切ない”『余命10年』特報映像がついに解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/9/22 7:30

小松菜奈&坂口健太郎がW主演!“涙より切ない”『余命10年』特報映像がついに解禁

累計発行部数50万部を突破した小坂流加の同名ベストセラー小説を、第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞に輝いた『新聞記者』(19)の藤井道人監督のメガホンで映画化した『余命10年』(2022年春公開)。このたび本作で、小松菜奈と坂口健太郎がダブル主演を務めることが発表。特報映像が解禁された。

数万人に1人という不治の病で、余命が10年であることを知った20歳の茉莉。彼女は生きることに執着しないよう、恋だけは決してしないと心に決めていた。しかし地元の同窓会で和人と出会い、茉莉の10年は大きく動いていくことに。脚本を手がけるのは『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17)の岡田惠和と『凛』(18)の渡邊真子。そしてRADWIMPSが初めて実写映画の劇伴を担当することがすでに発表されている。


【写真を見る】切なすぎる純愛ベストセラーを映画化!手掛けるのは『新聞記者』の藤井道人監督
【写真を見る】切なすぎる純愛ベストセラーを映画化!手掛けるのは『新聞記者』の藤井道人監督文芸社文庫NEO刊

先日、主演キャスト2人の後ろ姿が映る“超特報映像”が解禁され、SNSを中心にキャスト予想が白熱。そしてこのたび、特報映像の解禁と共についにキャスト情報が明らかに。不治の病で余命10年の主人公、茉莉役を演じるのは『糸』(20)で第44回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞し、『ムーンライト・シャドウ』(公開中)や『恋する寄生虫』(11月12日公開)と主演映画が相次ぐ小松。

そして茉莉と恋に落ち、彼女を変えていくきっかけを作る和人役には、現在放送中の連続テレビ小説「おかえりモネ」の菅波先生役で熱視線を浴び、10月からはドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」がスタートする坂口。全身全霊で作品に取り組んだ2人について藤井監督は「小松さんと坂口くんと駆け抜けたこの1年間は宝物のような時間でした。この映画の監督が出来て本当に幸せだなと思いました」とコメント。

解禁された特報映像では、最後の10年を生きる茉莉と、生きることから逃げ続けてきた和人の日々が、藤井監督作品らしい透明感のある映像美とRADWIMPSの音楽と共に綴られていく。“涙より切ない”と評された原作小説が、この豪華タッグによってどのように映像化されているのか。公開まで期待はふくらむばかりだ。

関連作品

  • 余命10年

    -
    41
    小坂流加による同名恋愛小説を原作に藤井道人監督&岡田惠和・渡邉真子脚本で映画化